ロボアドバイザー

投信工房の積立は100円から!メリット・デメリットをわかりやすく解説

投信工房のメリット・デメリット

フリーマン
フリーマン
こんにちは、お金を日々運用して育成を進めているフリーマン(@free_manJJ)です。

「投信工房」はロボアドバイザーの1つで大手の松井証券が提供するサービスです。

資産運用時にどんな金融商品を購入したらいいか迷うことも多いですし、プロの投資家に相談するのも面倒ですよね。

そこでプロの投資家に代わって、ロボアドバイザーの投信工房が最適な商品を自動的に選んでくれるので、とっても便利で実用性が高いんです。

ぱんけろん
ぱんけろん
どんな特徴があるロボアドなの?
フリーマン
フリーマン
じゃあ、わかりやすく解説していくよ!

投信工房の特徴とは

投信工房の特徴

投信工房とは、簡単な質問の答えるだけで自分に合った最適なプランを提案してくれるロボアドバイザーです。

投信工房
初期投資額1万円~
積立可能額/月100円~
手数料平均0.36%
口座種別特定口座あり
スマホアプリあり

投信工房は大手証券会社の「松井証券」が運営しているので安心感がありますし、積立が100円からとは少額の中でも少額ですね。

フリーマン
フリーマン
投信工房を利用するには、まず松井証券の口座開設をする必要があるよ。

このロボアドバイザーは「アドバイス型」になるんですが、「投資一任型」よりも手数料が安いのが特徴です。

ぱんけろん
ぱんけろん
なるほど!ん?そもそもどんな違いがあるんだ?

投資一任型とアドバイス型の違い

自動運用が行えるロボアドバイザーには2種類のタイプがありますが、それぞれの違いは以下のようになります。

  • 投資一任型:運用プランの提案から運用や管理も全て自動化
  • アドバイス型:運用プランの提案後は自分で判断して運用

投資一任型のロボアドバイザーで有名なのは「ウェルスナビ」や「THEO(テオ)」になりますね。

フリーマン
フリーマン
全自動で運用したい人は投資一任型がおすすめだよ。

今回の投信工房は最適なプランを提案してくれるので、そこからの最終判断は自分で決定できるというものです。

▼詳細内容を確認してみる▼

投信工房の公式ページ

投信工房の7つのメリット

それではまず投信工房のメリットを1つ1つ見ていきましょう。

メリット①:100円からの少額積立ができる

100から積立ができる

ぱんけろん
ぱんけろん
100円だったら誰でもできそうだね。

100円から積立ができるロボアドバイザーはそうそうないので、投信工房の大きなメリットでもあります。

積立のペースも「毎月」「毎週」「毎日」から自由に選択できるので、無理なく自分のできる範囲で投資が行えます。

フリーマン
フリーマン
毎日100円ずつ積立していくというのも面白そうですね。

積立投資は複利効果に期待できるので、コツコツやっておくと将来的に大きな資産になる可能性があるのでおすすめです。

自動的な定期購入ができるのでリスク分散にもなりますよ。

メリット②:手数料が業界最安レベル

運用時の手数料が低コスト

フリーマン
フリーマン
投信工房は手数料がとっても安いんだ!

金融関係のプロに運用プランのアドバイスを行った場合と、投資一任型のロボアドバイサーと比較すると、

手数料(年率)
プロのアドバイス2.7%
ウェルスナビ1%
THEO1%
投信工房0.36%

投資一任型の1%でも高いとは感じませんが、0.36%はかなり安いことが見てわかりますね。

ロボアドバイサーの中でもここまで低コストで運用できるところはあまりないので、手数料を少しでも抑えたいという方は投信工房が最適かもしれません。

ぱんけろん
ぱんけろん
やっぱり手数料が安いって嬉しいよね。

メリット③:自動リバランス機能がある

投信工房のリバランス積立

投信工房では「リバランス積立」という機能が備わっているので、目標としているポートフォリオが維持できるよう、自動的に保有資産の配分を調整してくれます。

フリーマン
フリーマン
ちなみにポートフォリオは投資信託の組み合わせのことだよ。

この「自動リバランス」機能は、アドバイス型ロボアドバイザーの中で投信工房が国内初となっています。(2017年10月20日時点)

ぱんけろん
ぱんけろん
今のところ他のアドバイス型だとできないってことか。
フリーマン
フリーマン
自動リバランスは条件などを自分で設定できるよ。

自動リバランスの設定

提案されたポートフォリオを参考に購入だけすれば、あとはロボアドバイザーが自動計算して積立投資してくれます。

バランスを自分で調整するのは大変ですから、この自動リバランス機能は初心者にとっても非常に便利ですね。

ぱんけろん
ぱんけろん
管理の手間も減るから運用が楽になるよね。

メリット④:スマホアプリにもしっかり対応

投信工房のスマホアプリ

投信工房では投資信託の投資提案から購入、運用のメンテナンスまで行えるスマホアプリが提供されています。

フリーマン
フリーマン
iOSとandroid共に対応しているよ!

アプリ画面右下のメニューから機能を一覧できるので、初心者でも操作しやすい仕様になっています。

投信工房のスマホアプリの画面

ロボアドバイザーでアプリに対応しているところはまだ少ないので、いつでも手軽に資産状況を管理できるのは嬉しいですよね。

スマホアプリはこちらからダウンロードできます。

投信工房
投信工房
開発元:松井証券株式会社
無料
posted withアプリーチ

メリット⑤:NISA(少額投資非課税制度)と連携できる

つみたてNISAとNISAに対応

現状ウェルスナビやTHEOなどではこのNISAに非対応なので、運用益から約20%ほどが税金として持っていかれます。

フリーマン
フリーマン
でも投信工房なら、NISAと連携して税金を非課税にすることができるよ!
  • NISA:2023年まで年間120万円を非課税にできる
  • つみたてNISA:2037年まで年間40万円を非課税にできる

通常のNISAだけではなく、2018年1月から始まった「つみたてNISA」にも対応しているのはありがたいね。

資産運用で年間10万円の利益が得られても、NISAと連携できないと実質8万円の利益になってしまうので、運用益を全額受け取れないのは勿体無いところでもあります。

ぱんけろん
ぱんけろん
NISAが利用できるかできないかで、年間20%の差が出るってことか。

メリット⑥:万全なサポート体制がある

松井証券のサポート体制

フリーマン
フリーマン
松井証券のサポートはしっかりしてるよ。
ぱんけろん
ぱんけろん
7年連続で最高の三つ星評価だと!?

何か不明点などがあれば電話サポートはもちろん、「WEB」「チャット」「Q&A」も利用することができます。

松井証券の3つのサポート

チャットを利用すれば、投信専門のオペレーターと気軽に口座開設方法などの案内を受けられるので、初めて資産運用を始める場合には心強いですね。

ぱんけろん
ぱんけろん
これならサポートも安心だね。

メリット⑦:確定申告を自分でする必要がない

確定申告が必要
フリーマン
フリーマン
確定申告は必要ないよ。

松井証券で口座開設をすると、資産運用口座として「特定口座(源泉徴収あり)」を利用できるので、投信工房で運用益が発生しても松井証券が代行して行ってくれます。

特定口座は誰でも無料で利用できるので、確定申告が面倒だという方にとっては非常に助かります。

ぱんけろん
ぱんけろん
税金の計算?そんなの無理だー!

そんなときは特定口座(源泉徴収あり)で、面倒な計算を松井証券に代行してもらいましょう。

投信工房の4つのデメリット

続いて投信工房のデメリットもしっかり把握しておきましょう。

デメリット①:市場変化による元本割れリスク

運用による元本割れ

フリーマン
フリーマン
投信工房の運用は投資の一種なので、市場が変化することで元本割れになることもある。

様々な金融商品や積立投資などによってリスク分散を図っていますが、それでも一時的にマイナスになることも当然ながらあります。

ぱんけろん
ぱんけろん
損失リスクはなくならないってことだね。

リスクについては十分に理解しておきましょう。

デメリット②:あくまでもアドバイスのみ

アドバイスのみ

投信工房はポートフォリオの提案や自動リバランスはできますが、金融商品の購入までは自動化することができません。

フリーマン
フリーマン
完全放置の全自動とはいかないってことだね。

最終的に判断して購入するのはあくまでも自分自身なので、資産運用にはそれなりの手間がかかってきます。

ぱんけろん
ぱんけろん
自分で買うのって結構面倒かも。

そう感じられる方は、プラン提案から運用・管理までを全自動化することができる「ウェルスナビ」か「THEO」で始めるのがいいかと思います。

▼ウェルスナビはこちら▼

詳細ページ公式ページ

▼THEO(テオ)はこちら▼

詳細ページ公式ページ

デメリット③:積立は証券口座への入金が必要

積立金を証券口座に入金

フリーマン
フリーマン
積立用の資金を松井証券の口座に入金する必要があるよ。

投信工房は松井証券が提供しているので、運用資金は証券口座にある資金から振替という形で積立に充てられます。

ぱんけろん
ぱんけろん
必要資金を事前に入金しないと積立できないんだね。

ウェルスナビやTHEOなどのロボアドバイザーは、銀行口座から直接積立金を引き落としできる分、投信工房はひと手間かかってしまうということです。

大きなデメリットではありませんが、面倒に感じる方も中にはいるかもしれませんね。

デメリット④:税金最適化サービスがない

税金最適化ができない

フリーマン
フリーマン
このサービスは現状ウェルスナビにしかないよ。

税金最適化サービスとは、運用時に発生した税負担を自動的に軽減して最適化してくれるサービスのこと。

投信工房でもTHEOでも利用できない機能なので、ウェルスナビで運用するよりは税負担が高くなる可能性があります。

今後この機能が実装されるかはわかりませんが、投資効率に影響するサービスなので、ロボアドバイザーを選ぶ際には考慮しておきましょう。

投信工房はこんな人に向いています

投信工房のメリット・デメリットを確認して頂いたところで、どんな人に向いているサービスなのかをまとめてみました。

  • 100円からの小銭投資を始めたい
  • 1万円以下で投資できるサービスを探している
  • 最終判断は自分で行って投資をしていきたい
  • 確定申告不要な資産運用を探している
  • NISA及びつみたてNISAと連携して運用したい
  • 手数料が割安な資産運用を探している
  • 安心できるサポート環境を求めている

投信工房はあなたに向いていましたか?

フリーマン
フリーマン
100円から投資できるのは、魅力的なメリットだよね。
ぱんけろん
ぱんけろん
サポートも万全だし、安心感も十分あるなぁ。

ただ、全自動サービスではないので、投資に慣れていないうちは投資一任型のロボアドバイザーがいいでしょう。

投信工房は初心者向きというよりは、どちらかというと中級者クラスが利用するようなサービスなので、いきなりここから始めてしまうのはハードルが少し高いかもしれません。

投信工房を始めるには

投信工房で運用を開始するまでの実際の流れはこんな感じです。

  1. 無料診断でプラン確認(最短1分)
  2. ネットから口座開設(最短3分)
  3. 口座開設完了(最短4営業日)
  4. 必要資金を口座に入金
  5. 資産運用がスタート

口座開設方法は「郵送」でも可能ですが、完了するまでに最短1週間ほどかかってしまうので、本人確認書類のアップロードによる「オンライン登録」がおすすめです。

無料診断は任意でできるものですが、簡単な8つの質問に答えていくと以下のように運用プランが確認できます。

無料診断の結果

投資資金が100万円をベースにしたデータになっていますが、実際に投信工房で運用する際のポートフォリオや、10年後の資産状況などを確認することができます。

フリーマン
フリーマン
10年後にどうなっているか楽しみが広がりますね。

無料診断は1分くらいで終わるので、試しにどんな運用プランになるか確認されてみるのがいいかと思います。

投信工房のメリット・デメリットまとめ

ぱんけろん
ぱんけろん
投信工房ってこんなロボアドだったんだね。
フリーマン
フリーマン
アドバイス型であることも覚えておこう。

これまでの内容を改めてまとめておくと、

投信工房のメリット・デメリット
  • 100円からの小銭投資ができる
  • 手数料が業界最安レベル
  • 自動リバランス機能がある
  • スマホアプリにも対応
  • NISAとも連携が可能
  • 万全なサポート体制がある
  • 確定申告は不要
  • 元本割れのリスクがある
  • あくまでもアドバイスのみ
  • 積立は口座へ入金が必要
  • 税金最適化サービスがない

投信工房はアドバイス型のロボアドバイザーの中でも手数料が安かったり、自動リバランス機能があったりとメリットも多いサービスです。

NISAとも連携して税金対策も行えるので、投資一任型のロボアドバイザーに少し慣れてきた方は、ぜひアドバイス型の投信工房も利用されてみて下さい。

\100円からできる積立投資/

投信工房の公式ページ

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
自分が働くのではなく、お金に働いてもらう未来を目指すための方法を勉強中。 学んだことをここで発信していこうと思い立ち、ブログを立ち上げました。