ウェルスナビでお得なキャンペーン実施中!
つみたてNISA

つみたてNISAの積立額やタイミングは?毎日or毎週or毎月からおすすめを解説!

つみたてNISAの積立額や毎日・毎週・毎月のタイミングを示すイラスト

フリーマン
フリーマン
こんにちは、資産運用を実践中のフリーマンです。

つみたてNISA(積立NISA)に興味を持っている方で、これから始めたいけど毎月の積立額や購入するタイミングに悩んでいませんか?

年間40万円までの投資枠があるつみたてNISAですが、どのくらいの頻度で買い付けを行ったらいいか、初心者の方だと迷うこともありますよね。

特にネット証券会社だと毎月だけでなく、毎週・毎日の積立設定を選べるところもあり、タイミングを決めきれない方は多いでしょう。

ぱんけろん
ぱんけろん
選択肢が多いと逆に悩んじゃうよ…

そこで今回は、つみたてNISAを始める上で知っておきたい積立額や、購入するのにおすすめなタイミングをご紹介します!

実際に私もつみたてNISAで資産運用中なので、参考にして頂ければと思います。

そもそもつみたてNISA(積立NISA)とは?

ぱんけろん
ぱんけろん
つみたてNISAってどんな特徴があるの?

まずつみたてNISAについて簡単に説明しておきますね。

つみたてNISAとは、年間40万円までの投資に対する運用益が、最長20年にわたって非課税とされる制度です。

一般的な投資の場合は、利益に対して約20%の税金がかかることになりますが、つみたてNISAの運用で得られた利益にはこの税金がかかりません。

 

仮に年間上限金額の40万円で20年間積み立てを行った場合は、元本800万円から得られた今までの利益をすべて非課税にできるということですね。

つまり、つみたてNISAは節税効果の大きい資産運用方法と言えます。

つみたてNISAで選べる商品は、国が厳選した長期運用向けの投資信託(ETF含む)になっているので、比較的初心者の方でも選びやすい特徴もあります。

運用益が非課税なので確定申告は不要

フリーマン
フリーマン
NISA口座は確定申告をする必要はないよ!

つみたてNISAを始めるためには、扱っている銀行や証券会社でNISA口座を開設することになります。

なので一般口座や特定口座とは別に、NISA口座で資産運用を行うことになるので、他の株式投資や投資信託とは管理場所が異なるイメージですね。

 

NISA口座は決められた投資枠や商品、非課税の仕組みの中で運用されるので、確定申告をする必要がないというわけです。

確定申告を自分でするのは相当面倒な作業になりますし、投資初心者のとっては非常にありがたいですね。

つみたてNISAの積立額について

つみたてNISAは、年間40万円まで非課税枠として積立投資ができるとはいえ、必ずしも40万円投資する必要はありません。

そこで「最低いくらから積立できる?」と気になっている方もいるんじゃないかと思います。

最低積立額はいくら?

ネット証券と大手銀行の最低積立額

つみたてNISAを扱っている金融機関はたくさんありますが、大手都市銀行の場合は低いところで「1,000円以上/1,000円単位」からに設定されています。

ただ、人気なネット証券会社の場合だと、

このように、たった100円からでもつみたてNISAが始められます。

ぱんけろん
ぱんけろん
え!?そんなに手軽だったんだ。

株式投資だと数万円~数十万円以上は必要になりますし、そのイメージがある方は驚かれるかもしれませんね。

つみたてNISAは運用益が非課税というメリットだけでなく、投資の中でも参入ハードルが低い資産運用と言えます。

毎月積立できる上限額は?

月計算で33,333円までと書かれたイラスト

非課税枠の年間40万円までは投資信託を購入することができるので、これを月計算にすると33,333円になります。

つまり、つみたてNISAで1ヶ月間に積立できる上限は約33,000円ということですね。

そこまで大きく投資することはできませんが、少額からコツコツ積み立てていきたいという方に向いています。

無理のない範囲で投資できるのは嬉しいですね。

つみたてNISAで購入するタイミングはいつがいい?

毎日・毎週・毎月と書かれたイラスト

つみたてNISAでは投資信託の積立注文を設定する際に、利用する金融機関によって「毎日・毎週・毎月」で買い付けるタイミングを指定できる場合があります。

大手都市銀行では「毎月」のみしか選べなかったりしますが、以下のネット証券だとそれぞれ選択することが可能です。

買付日楽天証券SBI証券
毎日
(平日のみ)
毎週
(月~金)
毎月

なお、つみたてNISAでは買付手数料などはかからないので、注文回数が多くなっても手数料で損をすることはありません。

ぱんけろん
ぱんけろん
でも、どれが一番いいのかわからないよ…

イマイチ購入するタイミングがわからないという方もいますよね。

この結論から言うと、私的には「毎日積立」するのが最もおすすめです!

少額で毎日積立するのがリスク分散におすすめ!

なぜ毎日積立がおすすめなのか、ということを具体的な例を交えて解説していきますね。

例えば価格が10円の投資信託を1回購入、その後1ヶ月間のうちに8円まで下落後12円まで上昇、最終的に11円になった例を見てみましょう。

1ヶ月間で1円の利益が得られるグラフ

この場合だと、結果的に1円の利益を得ることができます。

次に価格が10円の投資信託を1回購入、その後8円に下落したときに1回購入、さらに12円まで上昇したときにも1回購入した例を見てみましょう。

1ヶ月間で3円の利益が得られるグラフ

この場合は一見平均すると10円という価格で購入したことと変わりありませんが、最終的な結果を見てみると3円の利益が得られることになります。

これは「ドルコスト平均法」という投資方法なんですが、価格の変動に関係なく一定額を分割して投資することで、時間的リスクを分散できる特徴があります。

 

これはよく「たまご」と「ざる」で例えられることもありますね。

1つのざるに10個のたまごを入れて落してしまうと全部割れる可能性があるが、2つのざるに5個ずつ入れておけば1つ落としても5個は無事という考え方です。

これをつみたてNISAの投資に置き換えると、できるだけ「ざる(回数)」を増やした方が「たまご(お金)」の損失リスクを減らせるということ。

 

だからこそ、毎日積立で資産運用することが最もおすすめと言えます。

つみたてNISAは一回積立注文を設定すると、あとは自動的に買い付けを行ってくれるので、自分で毎回購入する必要はありませんよ。

楽天証券なら買い付けごとにポイントも貯まる!

買付でポイント獲得を示すイラスト

私がつみたてNISAの「毎日積立」をおすすめする理由はもう1つあって、「楽天証券」を利用すると買い付け1件ごとにポイントが貰えることです。

ただし、以下の条件を満たしている必要があります。

ハッピープログラムは、楽天銀行のお得な会員優遇サービスになります。

このプログラムには「会員ステージ」があるんですが、「VIP」以上になると楽天証券のつみたてNISAで、買い付けごとに3ポイントが獲得できるようになります。

VIPになる条件は「残高100万円以上or取引20件以上」ですが、「買付1回=取引1件」なので毎日積立なら簡単に達成できますね。

 

他の証券会社でもポイントの優遇はありますが、ここまでのメリットはないので、つみたてNISAを今から始めるから楽天証券が絶対的におすすめです。

もし楽天銀行口座もお持ちでない方は、楽天証券から申し込むとまとめて開設手続きが行えるので、入力する手間も省けますよ。

楽天スーパーポイントは積立投資に利用できる

フリーマン
フリーマン
楽天証券はポイント投資もできるよ!

楽天ユーザーならポイントが自然と貯まっていることも多いですよね。

その貯まった楽天スーパーポイントを使って、投資信託を購入することもできます。

ポイントは1ポイント単位で利用できますし、現金と組み合わせて使用することも可能ですよ。

 

2018年9月30日からは、つみたてNISAで「ポイント積立」も開始されたので、使い道に困った楽天ポイントは投資にガンガン回せますね。

私も実際にコツコツとポイント積立を進めています。

ポイントを効率的に現金化できるので、投資資金の節約にもなってありがたい限りです。

積立する金額を途中で増額することは可能?

つみたてNISAの資産運用で、年間40万円に投資額が満たない場合は、増額設定を行うことが可能です。

先に1ヶ月の上限は33,333円と説明しましたが、これはあくまでも1月~12月まで上限一杯に積立した場合になります。

 

例えば3月からつみたてNISAを開始した場合は、1月・2月分の余力が残っているので、33,333円以上に増額することができます。

また、上限一杯で毎月積立していない場合も同様に、年間40万円までの範囲で増額設定できますよ。

ただし、つみたてNISAは余った投資枠を翌年以降に持ち越すことはできません。

次の年になると、新たに40万円の投資枠へ切り替わるイメージになります。

設定中の金額変更または積立をやめることもできる

つみたてNISAで一度設定した積立注文は、運用中であっても途中で設定金額の変更や、積立をやめることもできます。

例えば5つの投資信託を買い付けしている場合、2つを金額変更して残り3つは積立解除にするということが可能です。

つみたてNISAはいつでも投資金の引き出し可能ですし、自分のペースで積立投資が進められるのもメリットですね。

つみたてNISAは元本割れリスクもあるので注意

元本割れリスク

つみたてNISAは、価格変動のある金融商品を扱っているので、景気の悪いときだと一時的に「元本割れ」する可能性もあります。

つみたてNISAは長期投資に適した投資信託に厳選されているので、比較的リスクを抑えつつ投資を進めることができます。

とはいえ、投資である以上は損失が出てしまうことも当然あります。

 

このような元本割れリスクがあるということは、事前に理解しておくことが重要ですね。

なので損失を抱えてしまったときのことを想定して、積立投資は精神的な負担の少ない「余剰資金」で行うのが理想です。

もし日々の生活で必要になる資金を投資に回してしまうと、元本割れしてしまったときに耐えきれない可能性が出てきます。

 

市場というのは常に価格変動を繰り返して、上昇したり下降することが不規則に続いていくもの。

ですが長期的に見ると緩やかに上昇していく傾向にあり、資産運用を継続することで資産を増やすことが可能になります。

ですが余剰資金でないと、一時的な損失に耐えきれず途中でやめてしまうこともあるので、つみたてNISAは余裕のある資金内で始めることが望ましいですね。

つみたてNISAの積立額やタイミングまとめ

ぱんけろん
ぱんけろん
これでぼくも始められそう。
フリーマン
フリーマン
自分のペースで積立していこう。

私自身つみたてNISAについては少し気になっていた程度でしたが、ちょっと難しそうと勝手に敬遠していました。

ですが実際に口座開設を行って始めてみると、基本的にはほったらかしで運用できるので、最初に設定してしまえば運用中は全く手間がかかりません。

 

楽天証券」と「楽天銀行」を活用して、つみたてNISAの投資信託を買い付けしているので、これから楽天ポイントが貯まっていくことも楽しみです。

つみたてNISAの買い付け自体は100円からでも可能ですし、楽天という安心感もあるので長期的に資産を預けておく上でも信頼できますね。

もしこれからつみたてNISAを始めるなら、楽天証券を利用することも検討されてみて下さいね。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
自分が働くのではなく、お金に働いてもらう未来を目指すための方法を勉強中。 学んだことをここで発信していこうと思い立ち、ブログを立ち上げました。