証券会社

SBI証券の評判・口コミは?メリット・デメリットも合わせて徹底解説

SBI証券の評判・メリット・デメリットを解説

フリーマン
フリーマン
こんにちは、資産運用を実践中のフリーマンです。

株取引や投資信託を購入しようと思うと、証券会社や銀行などを利用することになります。

その中でも「SBI証券」は豊富な金融商品の取り扱いがあり、多くの投資家から選ばれている人気の高いネット証券ですね。

SBI証券は手数料の安さやサービス面に定評がありますが、実際の評判や口コミなどがどうなのか気になるところでしょう。

ぱんけろん
ぱんけろん
投資は初めてだし、もっと色々と詳しく教えてほしいな。

ネット証券は他にもありますし、どこを利用すればいいか迷っている方も多いかと思います。

そこで今回は、SBI証券の評判・口コミからメリット・デメリットを初心者向けにわかりやすく解説していきますね。

【SBI証券の要点まとめ】

  • 国内株式手数料は業界最低水準の安さ
  • 夜間でもリアルタイムで取引が可能
  • 投信取扱本数が業界トップクラス
  • 外国株の取扱主要ネット証券No.1
  • IPOの取扱銘柄数が業界トップクラス

▼口座開設数No.1のネット証券▼


【SBI証券】詳細はこちら

そもそもSBI証券とは?会社概要について

SBI証券の公式ページ

SBI証券の特徴
運営会社株式会社SBI証券
設立日1999年(平成11年)3月24日
口座開設数460万人以上
開設・管理料無料
現物取引の手数料1注文54円~
1日0円~
投資信託の商品数2,658本
(ノーロード1,326本)
投信積立100円~

※2019年6月時点の情報になります。

SBI証券とは、ネット証券以外にも銀行・保険・住宅ローンなど、金融サービス事業を中心に展開している大手のSBIグループが運営しています。

口座開設数は460万人以上(2019年6月時点)と、非常に多くの投資家から愛されています。

ネット証券と言えば「楽天証券」も人気ですが、口座開設数は300万人以上(2019年6月時点)なので、人気の高さならSBI証券がNo.1と言えますね。

 

取り扱っている金融商品は「国内株式」をはじめ、「投資信託」「債券」「FX」「NISA」「iDeCo」など、豊富な取引ができることも特徴の1つ。

また、SBI証券は「ネット証券NISA口座数」と「国内株式個人売買代金シェア」もNo.1の実績があります。

SBI証券の評判・口コミ

評判・口コミの吹き出し

ぱんけろん
ぱんけろん
人気なのはわかったけど、SBI証券って評判は良いの?

ここでは実際に、SBI証券の評判・口コミについて見ていきましょう。

この他にも色々な意見がありましたが、全体的にサービスに関する評価は高い印象を受けました。

口座開設をする方の中には、SBI証券と楽天証券で迷っているという意見も多かったですね。

主要ネット証券では特に人気のある2社ですし、それぞれにメリットがあるので複数口座開設する方もいます。

 

手数料に関しても、SBI証券と楽天証券ではほとんど差がありません。

どちらも評判の良いネット証券なので、実際に利用して使用感などをチェックしてから、メインで使う方を決めるのがいいかもしれませんね。

▼口座開設数No.1のネット証券▼

【SBI証券】詳細はこちら

SBI証券を使うメリット

ここからはSBI証券のメリットについて解説していきますね。

SBI証券のメリット
  1. 格安手数料で2種類のプランが選べる
  2. 国内株式の夜間取引ができる
  3. 外国株の取り扱い国数主要ネット証券No.1
  4. 投資信託の取り扱いが豊富で100円から積立可能
  5. IPOの取扱銘柄数がNo.1(2018年3月通期)
  6. 即時入金サービスの提携銀行が豊富にある
  7. 住信SBIネット銀行なら自動スウィープが使える

それぞれの内容を順に見ていきましょう。

メリット①:格安手数料で2種類のプランが選べる

SBI証券は業界屈指の格安手数料

フリーマン
フリーマン
株式手数料が安いから、取引がとってもお得!

SBI証券の国内株式では、「現物取引」「信用取引」で2種類の手数料プランがあるので、どちらかを好みで選ぶことができます。

  • スタンダードプラン1注文の約定金額に対する手数料
  • アクティブプラン1日の約定代金合計額に対する手数料

どちらのプランでも、ネット証券の中では最低水準の国内株式手数料になっています。

スタンダードプラン(現物)
1注文の約定金額手数料(税込)
~5万円50円(54円)
~10万円90円(97円)
~20万円105円(113円)
~50万円250円(270円)
~100万円487円(525円)
~150万円582円(628円)
~3,000万円921円(994円)
3,000万円超973円(1,050円)

※2019年6月時点の情報になります。

アクティブプラン(現物)
1日の約定代金合計額手数料(税込)
~10万円0
~20万円191円(206円)
~30万円286円(308円)
~50万円429円(463円)
~100万円762円(822円)
以降100万円増加毎に400円(432円)
ずつ増加

※2019年6月時点の情報になります。

このようにスタンダードプランなら50円(税込54円)~、アクティブプランなら1日10万円まで手数料無料になっています。

また、SBI証券では国内株式の取引でポイントが貯まる制度も用意されています。

国内株式取引でSBIポイントが貯まる

スタンダードプランの現物取引でかかった手数料の月間合計金額に対して、1.1%相当のSBIポイントが付与されます。

取引しているだけでもポイントが貯まってお得ですね。

メリット②:国内株式の夜間取引ができる

SBI証券は夜間取引(PTS)に対応

フリーマン
フリーマン
夜間でもリアルタイムに取引ができる!

リアルタイムで株取引を行うには、東京証券取引所が開いている9時~15時(一部時間除く)でないといけません。

注文を出すだけであれば、ネット証券を利用することでほぼ24時間可能になります。

ですが、夜間でも相場の動向やニュースを見ながら、じっくり取引がしたい方もいますよね。

 

SBI証券では、8:20~23:59(一部時間除く)まで取引ができる「PTS」に対応しています。

PTSってなに?

Proprietary Trading System(私設取引システム)の略称で、日本証券業協会の定める規則などに準じて行う取引所金融商品市場外取引。

SBI証券のPTS取引は、国内最大規模の「ジャパンネクストPTS」を利用し、注文は「J-Market市場」で発注されます。

PTS(J-Market)の取引時間は、デイタイムセッション(昼間取引)とナイトタイムセッション(夜間取引)があります。

ナイトタイムセッション(夜間取引)とデイタイムセッション(昼間取引)

取引所とPTSの取引時間が重なるときは、それぞれの株価を比較してより有利な価格帯で取引できることもメリットですね。

また、PTS取引ではSBI証券のスタンダードプランより、手数料が約5%ほど安くなることも大きな魅力です。

メリット③:外国株の取り扱い国数主要ネット証券No.1

SBI証券なら外国株も充実のラインナップ

フリーマン
フリーマン
世界各国に投資することもできる!

SBI証券では国内株式だけではなく、外国株式の売買を行うこともできます。

外国株のラインナップも充実していて、取り扱い国数は主要ネット証券No.1(2019年6月時点)の9ヵ国に対応。

  • 米国株
  • 中国株
  • 韓国株
  • ロシア株
  • ベトナム株
  • インドネシア株
  • シンガポール株
  • タイ株
  • マレーシア株

外国株を購入するには手数料がかかりますが、SBI証券の米国株なら業界最安水準の最低5ドルから取引できますよ。

SBI証券の米国株は手数料が最低5ドルで取引できる

米国株と韓国株は「最低1株」から購入できるので、少額から投資を始めることも可能です。

 

また、海外ETF(上場投資信託)の取り扱いもあるため、低コストで分散投資をしたい方にも最適ですね。

米国株・ETFは「定期買付サービス」にも対応しています。

SBI証券では毎週ランキング形式で人気銘柄も確認できるので、購入する外国株の参考にできるのも嬉しいところです。

メリット④:投資信託の取り扱いが豊富で100円から積立可能

投資信託の取り扱い
ネット証券本数
SBI証券2,658
(1,326)
楽天証券2,644
(1,345)
マネックス証券1,190
(796)
カブドットコム証券1,108
(685)
松井証券904
(731)
岡三オンライン証券503
(337)
GMOクリック証券116
(98)

※本数の()内はノーロードファンドになります。
※2019年6月時点の情報になります。

フリーマン
フリーマン
業界でもトップクラスの取り扱い!少額投資にも向いているよ!

株式投資はちょっと不安…という方におすすめなのが投資信託。

主要なネット証券の中では、SBI証券と楽天証券が圧倒的に充実したラインナップです。

投資信託では購入時に手数料のかからない「ノーロードファンド」も多く、お得に取引できることもメリットの1つ。

 

また、SBI証券の投信積立なら「最低100円」から始められるので、株式投資よりもハードルが低いですね。

投信積立を行うことで手数料のかかるロードファンドでも、買付手数料全額キャッシュバックを受けることもできます。

投信積立で買付手数料全額キャッシュバック

これまでは銘柄によって0%~最大4.32%の手数料が必要でしたが、投信積立であれば「実質無料」にできるということですね。

SBI証券の投信積立は、買付タイミングを5種類から自由に選んで設定することも可能です。

  • 毎日
  • 毎週
  • 毎月
  • 複数日
  • 隔月

積み立ては「時間分散投資」も重要になってくるので、選択肢が豊富にあるのは嬉しいところです。

100円から積立投資ができる投資信託は、生活に負担をかけず自分のペースで資産形成ができるのでおすすめですよ。

メリット⑤:IPOの取扱銘柄数がNo.1(2018年3月通期)

IPOの取扱銘柄数がNo.1(2018年3月通期)

フリーマン
フリーマン
IPOの取り扱いもトップクラス!
IPOってなに?

Initial Public Offeringの略称で「新規公開株」と呼ばれ、未上場の企業が上場することを意味しています。

新規上場が決まったIPO株は応募当選で「公募価格」で購入でき、証券会社に上場後の「初値」で売ることで高確率な利益が得られる特徴があります。

IPOは勝率が高いことから、多くの投資家が注目している人気の投資手法です。

SBI証券は業界の中でも特に取り扱いが多いため、IPO投資を目的とするなら口座開設しておいて損はありません。

また、抽選に外れても「IPOチャレンジポイント」が加算され、ポイントを使用すると次回のIPO当選確率を高めることも可能です。

IPOチャレンジポイントの獲得例

当選した場合は公募価格で購入して、証券会社に上場後の初値で売却するだけで利益が出ることが多いです。

IPOに興味がある方はSBI証券は必ず押さえておきたい証券会社ですね。

メリット⑥:即時入金サービスの提携銀行が豊富にある

即時入金サービスの提携銀行

フリーマン
フリーマン
入金が即反映するから、取引をする上でも便利!

SBI証券で取引を行うには、口座開設後に証券口座へ資金を入金する必要があります。

銀行振込の場合は手数料を負担することになるので、手数料無料の「即時入金サービス」を利用するのがおすすめですね。

SBI証券では提携している金融機関が豊富にあります。

  • 住信SBIネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • スルガ銀行
  • イオン銀行

※2019年6月時点の提携銀行

ネット銀行で人気の高い「住信SBIネット銀行」や「楽天銀行」にも対応していますね。

即時入金はネットから24時間いつでも利用できますし、口座へ即時反映されるのでスムーズに取引できます。

取引が増えると入金する機会も多くなるので、振込手数料で損をしないよう即時入金サービスを活用しましょう。

メリット⑦:住信SBIネット銀行なら自動スウィープが使える

住信SBIネット銀行の自動スウィープ

フリーマン
フリーマン
自動スウィープなら入金の手間がかからない!

SBI証券では住信SBIネット銀行と連携することで、自動スウィープサービス(SBIハイブリッド預金)が利用できるようになります。

円普通預金からSBIハイブリッド預金に振替すると、残高が自動的にSBI証券口座へ反映される便利なサービスですね。

これによって入金を行うことなく、株式・投資信託・債券などの買付代金に充てることができます。

 

また、SBIハイブリッド預金は「好金利かつ毎月利払い」が人気となっています。

100万円未満100万円以上
円普通預金0.001%0.001%
SBIハイブリッド預金0.010%0.010%

自動スウィープでSBI証券の取引が便利になるだけでなく、住信SBIネット銀行の預金金利も優遇されるのが嬉しいですね。

ちなみに、住信SBIネット銀行のアグリゲーション機能を利用すれば、SBI証券の預り残高(口座サマリー)を銀行側で表示・確認できるようになります。

▼口座開設数No.1のネット証券▼

【SBI証券】詳細はこちら

SBI証券のデメリット

SBI証券には多くのメリットがありますが、デメリットがないわけではありません。

SBI証券のデメリット
  1. 株式投資における取引手数料は最安ではない
  2. ポイントサービスの優遇がやや弱い
  3. ネット証券なので直接的なサポートは受けられない

それぞれの内容を見ていきましょう。

デメリット①:株式投資における取引手数料は最安ではない

フリーマン
フリーマン
手数料だけで言えば、もっと安い証券会社はあるよ。

メリットでもご紹介していますが、SBI証券はネット証券の中でも最低水準と言える手数料です。

ですが手数料の安さだけを追求するなら、「DMM 株」や「GMOクリック証券」の方が安いですね…

例えば、SBI証券のスタンダードプラン(現物)と「DMM 株」の同様の条件で手数料を比較すると、

現物取引の手数料(税込)
1注文の約定金額DMM 株SBI証券
~5万円50円
(54円)
50円
(54円)
~10万円80円
(86円)
90円
(97円)
~20万円97円
(104円)
105円
(113円)
~50万円180円
(194円)
250円
(270円)
~100万円340円
(367円)
487円
(525円)

※2019年6月時点、100万円までの手数料を記載しています。

このように差があることがわかりますね。

頻繁にトレードをする方は、手数料が安いに越したことはありません。

ただ、「DMM 株」では定額プランが用意されていないため、少額投資なら1日10万円まで手数料無料のSBI証券の方がコスパはいいかもしれませんね。

デメリット②:ポイントサービスの優遇がやや弱い

フリーマン
フリーマン
ポイント目的なら、楽天証券の方が強い…

SBI証券では、株取引でかかった手数料の1.1%相当がポイント還元されたり、投資信託の保有額に応じてポイントが付与されたりします。

ですが、ポイントサービスでは楽天証券の方が優遇されていますね…

楽天銀行と併用するとポイントがザクザク貯まっていくので、楽天証券を選ぶ投資家は増えてきています。

 

また、SBI証券で貯まったSBIポイントは現金や他のポイント、様々な商品と交換することができます。

対して楽天証券で貯まった楽天スーパーポイントは、楽天サービスで使えるだけではなく「ポイント投資」に利用することも可能。

ポイントの利便性が高いことも魅力となっていますね。

デメリット③:ネット証券なので直接的なサポートは受けられない

フリーマン
フリーマン
コンサルティングは受けられない…

SBI証券は実店舗を持たないネット証券なので、お店に出向いて相談を受けることができません…

これはSBI証券に限らず、ネット証券ならどこも同様のデメリットがありますね。

お問い合わせは基本的に電話やメール・チャットが中心ですから、投資初心者の方は少し不安に感じるかもしれません。

 

とはいえ、私自身も投資経験があまりない状況でネット証券を開設して取引していましたが、特にトラブルや大きく困ったことはなかったです。

現在では初心者でも使いやすいように工夫されていますし、投資情報も閲覧できるので少しずつ勉強して慣れるのがいいかと思いますよ。

SBIネオモバイル証券ならTポイント投資が可能

SBIネオモバイル証券の公式ページ

SBIネオモバイル証券」とは、2019年4月からサービスを開始したモバイル特化の新参ネット証券です。

SBI証券とCCCマーケティングが共同して設立され、多くの投資家が注目しています。

SBIネオモバイル証券の最大の特徴は、日本初となる株式の「Tポイント投資」ですね。

Tポイントを使って株が買える

1株単位で購入できる「単元未満株」に対応しているので、株価が安い銘柄であれば数百円からでも取引できます。

SBI証券でも単元未満株(S株)があるので少額から株式投資ができますが、SBIネオモバイル証券ならTポイントのみで購入することも可能。

Tポイントユーザーで使い道に困っている方は、ポイント投資だけで株主になることも。

 

楽天証券では楽天スーパーポイントを利用するので、普段から楽天サービスを利用していない方にはメリットが薄くなります。

もしTポイントユーザーで楽天証券を使っている場合は、SBIネオモバイル証券を口座開設して有効活用するのもおすすめですね。

Tポイントを持て余しているなら、こちらも一度チェックされてみて下さいね。

SBI証券ではお得なキャンペーンが実施されているのか

SBI証券を口座開設するなら、キャンペーンを利用してお得に開設したいところですよね。

そこで現在開催中のキャンペーンもご紹介しておきます。

口座開設&入金・振替でもれなく1,000円プレゼント

SBI証券のキャンペーン

キャンペーン内容

獲得条件や期間詳細

  1. 口座開設申し込み:~2019年6月30日
  2. 口座開設完了:~2019年7月12日
  3. SBI証券口座からSBIハイブリッド預金へ1万円以上の一括振替:~2019年7月31日

※住信SBIネット銀行経由で口座開設された方は対象外。
※進呈日は2019年8月末頃にSBI証券の総合口座に入金(予定)

キャンペーンを上手く活用して、お得にSBI証券を口座開設しましょう。

▼口座開設数No.1のネット証券▼

【SBI証券】詳細はこちら

SBI証券で口座開設する方法

ぱんけろん
ぱんけろん
口座開設ってなんだか難しそう…

さっそくSBI証券の口座開設をしようと思っても、方法がよくわからない方もいますよね。

口座開設の申し込みはネットから簡単に行うことができます。

なお、口座開設費・管理料・維持費などはすべて無料ですよ。

 

まずはSBI証券の公式ページにアクセスして、開設申し込みを進めていきましょう。

そうすると、『口座開設はこちら』という赤いボタンがあるので選択します。

SBI証券の開設手順1:「口座開設はこちら」を選択

口座開設には「マイナンバー」の提出が必須となっています。

マイナンバーは通知カードまたは個人番号カード、通知カードの場合は本人確認書類として免許証なども準備しておきましょう。

開設方法は3つの中から好きな方法を選択することができます。

SBI証券の開設手順2:3つの開設方法から選択

最短で口座開設を済ませたい方は「WEBアップロード」がおすすめです。

入力時に書類画像をアップロードするだけなので、開設申し込みもスムーズに進めることができます。

また、先に入力だけを行ってアップロードを後に回したい場合は、「メール」を選択することで入力後にアップロードができます。

必要書類をアップロードする場合は、画像ファイルを選択するか、スマホであればカメラを起動して撮影することもできます。

SBI証券の開設手順3:画像ファイルを選択、スマホならカメラ撮影も可能

その後、氏名・生年月日・住所などを入力すると特定口座の選択、つみたてNISA・NISAも申し込むかの選択になります。

SBI証券の開設手順4:特定口座・NISAの選択

投資によって得られた利益に対しての確定申告をSBI証券にお任せするなら、特定口座(源泉徴収あり)で開設します。

つみたてNISA・NISAについては、証券総合口座開設後でも申し込みが可能です。

また、住信SBIネット銀行の口座開設申し込みもできるので、必要な方はチェックを入れておきましょう。

 

そのまま手続きを進めていけばSBI証券の口座開設申し込みは完了です。

申し込み完了後は本人限定受取郵便が登録住所に郵送され、受け取ることで取引をスタートできますよ。

SBI証券の評判・口コミとメリット・デメリットまとめ

SBI証券のポイント
  • 国内株式手数料は業界最低水準の安さ
  • 夜間でもリアルタイムで取引が可能
  • 投信取扱本数が業界トップクラス
  • 外国株の取扱主要ネット証券No.1
  • IPOの取扱銘柄数が業界トップクラス
ぱんけろん
ぱんけろん
SBI証券が人気な理由もうなずけるね!
フリーマン
フリーマン
さっそく投資家デビューしてみよう。

SBI証券」の評判やメリット・デメリットをこうしてまとめると、1つ1つのサービスの質が高いことを実感します。

金融商品も充実しすぎているほどなので、投資初心者の方は何に投資すればいいか迷ってしまうかもしれませんね。

非常に多くの投資家から選ばれているSBI証券ですが、個人的にも強くおすすめできる証券会社です。

 

株式投資は少しハードルが高いな…と感じるようなら、まずは少額から始めることができる投信積立がいいかと思います。

無理なく自分のペースで続けることができますし、SBI証券なら究極の時間分散投資もできますから。

この機会にSBI証券の口座開設を行ってみて下さいね!

▼口座開設数No.1のネット証券▼

【SBI証券】詳細はこちら

▼こちらも合わせてどうぞ▼

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
自分が働くのではなく、お金に働いてもらう未来を目指すための方法を勉強中。 学んだことをここで発信していこうと思い立ち、ブログを立ち上げました。