ウェルスナビでお得なキャンペーン実施中!
つみたてNISA

積立NISAとは?メリット・デメリットを初心者向けにわかりやすく解説!

つみたてNISAのメリット・デメリット

フリーマン
フリーマン
こんにちは、資産運用を実践中のフリーマンです。

少額投資非課税制度としてNISAが登場してから、2018年1月より新制度として積立NISA(つみたてNISA)がスタートしています。

NISAよりも少額投資ができて非課税となる期間もかなり長くなるメリットがあり、投資初心者向きで手軽に始めることができるのでおすすめな制度です。

たさ、多くの人は興味があるけど結局積立NISAってどんな特徴があるのか、よくわかっていないところもあると思います。

ぱんけろん
ぱんけろん
そもそもNISAとつみたてNISAって?頭がパニックだよ。

メリットの大きい制度であることに間違いはありませんが、投資経験がない初心者の方にとっては少しわかりづらいかもしれません。

そこで今回は積立NISAの特徴やメリット・デメリット、現行NISAとの簡単な違いを初心者向きにわかりやすく丁寧に解説していこうと思います。

積立NISA(つみたてNISA)とは?

つみたてNISAとは

フリーマン
フリーマン
まずは積立NISAについて簡単に紹介しておくよ!

積立NISAは少額投資非課税制度なのでこれをわかりやすく言うと、少額からの投資ができる上に運用益(利益)は課税されないという制度。

そんな積立NISAの特徴をまとめておくと、

  • 日本在住の20歳以上から利用可
  • 年間投資枠は40万円まで
  • 非課税期間は最長20年間
  • 資産の引き出し制限はなし
  • 金融庁が厳選した積立向きの投資信託

基本的にはこのような感じの制度だと思っておくといいですね。

積立NISAの投資対象は手数料が低水準だったり、頻繁に分配金が支払われないものなどに限定しています。

なので投資初心者だけでなく、幅広い年代の方にとっても非常に利用しやすい仕組みになっていますね。

一般NISAと何が違うの?

一般NISA

ぱんけろん
ぱんけろん
ここがちょっと複雑なんだよなぁ。
フリーマン
フリーマン
じゃあ、一般NISAとの違いも見ておこう。

それぞれの主な特徴を比較したものがこちらです。

一般NISA積立NISA
年間投資枠120万円40万円
非課税期間5年20年
投資可能期間~2023年~2037年
非課税総額(最大)600万円800万円
投資対象株式・ETFなど積立向き投資信託
引出制限なし
金融期間変更1年単位で可能

一般NISAは投資枠が大きい代わりに非課税期間が短く、対して積立NISAは投資枠が小さい代わりに非課税期間が長いという特徴があります。

一般NISAは短期間に大きく投資したい人向け、積立NISAは長期的にコツコツ投資していきたい人向けという感じですね。

1年単位で金融機関が変更できるので、状況に合わせてそれぞれを使い分けて使うことも可能です。

積立(つみたて)NISAのメリットは5つ

フリーマン
フリーマン
ここからは積立NISAのメリットを紹介していくよ!

メリット①:20歳以上なら誰でも始められる

20歳以上から始められる

フリーマン
フリーマン
積立NISAは20歳以上から利用できる!

投資の中には条件付きのものや年齢制限に上限があったりする場合もありますが、積立NISAは日本にお住まいの20歳以上の方なら誰でも始められます。

NISA口座を開設する年の1月1日現在で日本に在住している必要があります。

口座開設は1人1口座となっているので、つみたてNISAか一般NISAかどちらかを選びます。

ぱんけろん
ぱんけろん
20歳未満の人は始める方法はないの?

20歳未満の方(0歳~19歳)までの方は積立NISAは利用できませんが、ジュニアNISAという制度を利用することができます。

一般NISAと内容は基本的に同じですが年間投資枠は80万円、口座の管理は親権者が代理で行っていくことになります。

積立NISAは20歳以上という条件だけなので、幅広い方が利用できるところはありがたいですね。

メリット②:年間40万円までの非課税投資枠がある

年間40万円までは税金なし

フリーマン
フリーマン
毎年40万円までの投資を非課税にできるよ!

通常の投資方法では、資産運用によって得られた利益に対して20.315%(所得税+住民税)がかかります。

例えば投資で10万円の利益が出た場合は、最終的に受け取れる金額は約20%の税金が引かれた8万円ということになりますね。

ぱんけろん
ぱんけろん
全部受け取れないなんてショック。

ですが積立NISAなら、年間40万円までは税金を非課税にできる投資枠が用意されています。

つまり、年間40万円までの投資で得られた利益に対しては約20%の税金がかからないので、損をすることなく全て受け取れるんです。

積立NISAは普通の投資と違って節税効果にも期待できるということですね。

メリット③:非課税期間は最長で20年間ある

20年間は非課税となる

フリーマン
フリーマン
20年間は積立NISAの利益を非課税にできる!

一般NISAでは投資枠が大きいメリットがありますが5年と期間が短いので、長期的に投資したい方には向かないデメリットがありました。

ですが積立NISAなら、年間40万円までの投資を最長20年間続けることができます。

少額からコツコツ積み立てていきたい方向けの制度と言えますね。

 

投資枠上限の40万円を20年間投資し続けた場合は、800万円分の投資に対する利益を非課税にすることが可能です。

月計算で約33,000円の積立が上限になりますが、必ずこの金額を積み立てるという制限はないので、無理のない範囲から投資を始めることができます。

投資信託の中には100円からの小銭投資ができるものもあるので、自分に合った積立を進めていけるのも積立NISAの大きな魅力ですね。

メリット④:投資商品が選びやすい

投資商品が選びやすい

フリーマン
フリーマン
積立NISAは金融庁が投資商品を厳選しているよ!

積立NISAで投資できる商品は、国が定めた厳しい条件をクリアした投資信託・ETFのみになっています。

厳しい条件というのは以下の通りです。

  • 信託期間が短くないもの
  • 毎月分配金が支払われないもの
  • 複雑な商品設計がされていないもの
  • 手数料が高くないもの

この基準をクリアできる投資商品はそれほど多くはないので、積立NISAでは投資先が限定される面もありますが、その分投資初心者にとって始めやすくなっています。

ただ、リターンに期待できる上場株式やREIT(不動産投資信託)には投資できないのが少し難点ですね。

 

とはいえ、選べる商品は主に「長期・積立・分散」に優れたものなので、比較的リスクも抑えた運用が行えます。

投資商品が多すぎて自分でなかなか選べないという方は、厳選された投資先から選べる積立NISAでの投資がおすすめですね。

メリット⑤:資産の引き出しはいつでも可能

資産はいつでも引き出しできる

フリーマン
フリーマン
運用中の資産はいつでも引き出せるから安心!

投資方法の中には途中解約できないものもありますが、積立NISAはそういった制限がなくいつでも引き出し可能です。

これは一般NISAでも同様ですね。

急にまとまったお金が必要になるときもあるので、そんなときは投資信託を解約して現金化することができます。

 

引き出し制限があると不安になる方も多いと思いますが、積立NISAはそんな心配は不要なので安心して積立できるかと思います。

こういった使いやすさも投資を始めやすいポイントになりますね。

積立(つみたて)NISAのデメリットは4つ

フリーマン
フリーマン
続いて積立NISAのデメリットを解説していくよ。

デメリット①:元本割れのリスクがある

運用による元本割れ
フリーマン
フリーマン
投資である以上は元本割れリスクがあることも理解しておこう。

積立NISAは投資になるので、定期預金のような元本を確保してくれる運用ではなく、元本の変動リスクが伴う商品を扱うことになります。

これは積立NISAに限らず全ての投資方法において共通していることですね。

 

金融庁が投資商品を厳しく厳選して積立向きの運用が行えるとはいっても、常に利益が出るという保証はありません。

投資商品は市場の変化によって価格が変動しているので、悪い状況が続くとマイナスになることはあります。

元本割れのリスクは常に頭に入れて投資を行っていくことが基本ですね。

デメリット②:積立NISAと一般NISAの併用はできない

積立NISAと一般NISAの併用は不可

フリーマン
フリーマン
選べるNISA口座はどちらか1つだけ。

開設できる口座は1人1口座までなので、積立NISAなのか一般NISAなのかを選択することになります。

投資できる金額やどれくらいの期間で投資していきたいかで、利用するNISA口座が変わってくるので、自分に合った方を選ぶのがいいかと思います。

 

積立NISAはできるだけ少額で長期投資していきたい初心者向けの制度なので、ある程度投資経験があって余剰資金も十分ある方なら一般NISA向きと言えますね。

ぱんけろん
ぱんけろん
どっちも試してみたいよ。

そう考えている方は、1年単位で金融機関を変更できる仕組みを活用して、積立NISAと一般NISAを利用してみるといいですね。

ただ、管理に手間がかかるかもしれないので利用の際は注意しておきましょう。

デメリット③:他口座との損益通算ができない

他口座との損益通算は不可

フリーマン
フリーマン
NISA口座と他口座の損益通算はできないよ。
ぱんけろん
ぱんけろん
そんえきつうさん?

損益通算とは複数の証券口座で投資を行っている場合、各口座で発生した年間の利益と損失を合算して税負担を軽減する方法のこと。

例えばNISA口座で10万円の利益が発生し、特定口座で運用中の投資商品で2万円の損失が出たとしても、損益通算で年間8万円の利益とすることはできないってことですね。

これは逆も同じで、NISA口座で発生した損失と特定口座の利益を損益通算することもできません。

 

NISA口座の利益は非課税ですが、特定口座などで運用している投資商品は利益に対して約20%の税金がかかることになります。

つまり、複数口座で資産運用している方にとっては、損益通算でNISA口座以外の税負担を軽減できないのはデメリットと言えますね。

デメリット④:ロールオーバーができない

ロールオーバーはできない

フリーマン
フリーマン
積立NISAでは現状ロールオーバーができないよ。
ぱんけろん
ぱんけろん
ろーるおーばー??

ロールオーバーとは非課税期間が終了した場合、NISA口座で保有している投資商品を翌年の非課税投資枠に移行すること。

積立NISAの仕組みとしては、年間投資枠の40万円を非課税期間の20年間で運用できる制度です。

つみたてNISAの運用の仕組み

このように投資を開始した年の40万円に対して非課税期間が設定されていきます。

投資商品を購入できる期間は2037年まであるので、2037年中に投資を行った40万円は2056年まで非課税で保有し続けることが可能です。

 

ただし、1年目に開始して非課税期間を終了した40万円分の投資商品に関しては、2038年に新たな非課税投資枠としてロールオーバーすることはできません。

20年間の非課税期間を終了したものは、NISA口座以外の課税口座(一般口座や特定口座)に払い出されていくことになりますね。

20年後とはまだまだ先の話になりますがこの辺の仕組みも覚えておきましょう。

積立(つみたて)NISAがおすすめできる人

つみたてNISAがおすすめな人

フリーマン
フリーマン
積立NISAはこんな人に向いているよ!
積立NISAがおすすめな人
  • 投資信託の銘柄が多すぎで選べない
  • 1万円ほどの少額から投資を始めたい
  • 長期的に運用益を非課税にしたい
  • 毎月コツコツと積立を進めていきたい

投資を始める上でまとまったお金が用意できなかったり、投資信託の銘柄が多すぎてどれを選べばいいかわからないという悩みも多いですよね。

積立NISAなら投資信託は金融庁が厳選した銘柄だけで初心者の方でも選びやすく、少額からでも気軽に始めることができます。

 

また、20年間と長期的な非課税期間が用意されているので、投資で得た利益を無駄なく受け取ることができるのは大きなメリットですね。

毎月約33,000円以下の積立で十分だという方には積立NISAがおすすめです。

積立(つみたて)NISAはどうやって始めるの?

つみたてNISAを始める流れ

ぱんけろん
ぱんけろん
つみたてNISAってどうやったら始められるの?
フリーマン
フリーマン
じゃあ、始め方の流れも紹介しておくね!
  1. 積立NISAを利用する証券会社を決める
  2. 証券会社の総合口座及び積立NISA口座を開設
  3. 口座へ積立資金を入金
  4. 投資信託の商品を選ぶ
  5. 自動積立の設定を行う
  6. 積立NISAでの運用がスタート

※税務署での審査・開設処理に1週間~2週間かかります。

積立NISAは証券会社が提供している制度になるので、まだ証券会社を利用されていない方は、総合口座+NISA口座を開設することになります。

NISA口座開設には税務署の審査があり、ここで時間がかかってしまうのですぐに積立を始めたい方は早めに申し込みをしておくといいですね。

証券会社の総合口座は、確定申告を代行してくれる「特定口座(源泉徴収あり)」がおすすめです。

おすすめの証券会社は?

フリーマン
フリーマン
積立NISAを始めるなら、以下の証券会社がおすすめになるよ!

この3社は証券会社の中でも最大手で特に有名なので、初心者の方でも安心して利用できます。

積立NISAは3社とも扱っていて投資対象は100種類以上、積立は100円からでも始められるという共通の特徴もあります。

 

楽天証券やSBI証券にはお得なポイント制度があったり、マネックス証券には便利なツールが無料で利用できたりと、それぞれに利用するメリットがあります。

期間限定のお得なキャンペーンなども開催されていることが多いので、まずは気になる証券会社を確認されてみて下さい。

▼公式ページはこちら▼

楽天証券

SBI証券

マネックス証券

積立NISAのメリット・デメリットまとめ

ぱんけろん
ぱんけろん
つみたてNISAをさっそく始めてみるよ!
フリーマン
フリーマン
節税効果も期待できるからおすすめだね。

積立NISAのメリット・デメリットをまとめておきますね。

積立NISAのメリット・デメリット
  • 20歳以上なら誰でも始められる
  • 年間40万円までの非課税投資枠がある
  • 非課税期間は最長で20年間ある
  • 投資商品が選びやすい
  • 資産の引き出しはいつでも可能
  • 元本割れのリスクがある
  • 積立NISAと一般NISAの併用はできない
  • 他口座との損益通算ができない
  • ロールオーバーができない

積立NISAは2018年に始まったばかりの制度なので、これからまだまだ投資の運用益を非課税にすることができます。

年間投資枠は40万円までと上限がありますが、少額から投資を始めたいと感じている方には最適な制度ですね。

 

年齢の上限はないので幅広い世代の方が利用できますし、投資商品も選びやすいので難しく考える必要もないかと思います。

投資の節税効果にもメリットの大きい制度なので、興味を持たれた方はまず各証券会社の積立NISAを確認されてみて下さいね。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
自分が働くのではなく、お金に働いてもらう未来を目指すための方法を勉強中。 学んだことをここで発信していこうと思い立ち、ブログを立ち上げました。