つみたてNISA

つみたてNISAを楽天証券のカード払いで積立するメリット・デメリット

つみたてNISAを楽天カードで積立するメリット・デメリット

フリーマン
フリーマン
こんにちは、資産運用を実践中のフリーマンです。

ネット証券の楽天証券で「つみたてNISA」の投資信託を買い付けする方法の1つとして、楽天カードのクレジット決済で積立できるサービスが開始。

楽天カード払いによる積立は2018年10月27日から始まりましたが、つみたてNISA以外に「一般NISA」「特定口座」「一般口座」の投信積立にも対応。

楽天証券×楽天カード積立なら、毎月の引き落としで楽天スーパーポイントが貯まっていくメリットがあります。

ぱんけろん
ぱんけろん
楽天のポイントサービスがまた一段と強くなるね。

楽天証券にはすでに「ポイント投資」「ポイント積立」のお得なサービスがありますが、「楽天カード決済」も加わってさらに選択肢が増えました。

ですが、楽天カードで積立する仕組みにはマイナス要素・注意点もあります。

そこで今回は、つみたてNISAを楽天証券の楽天カード払いで積立するメリット・デメリット、よりお得に積立するポイントも解説していきます。

【楽天カード積立の要点まとめ】

  • 積立は毎月5万円まで(つみたてNISAは33,333円まで)
  • 積立金額に応じて毎月楽天ポイント1%還元
  • 買い付けは1日/引き落としは27日
  • 引落口座を楽天銀行にするとポイントがより貯まる
  • 貯まったポイントを使って積立できる

つみたてNISAを楽天カード払いで積立するメリット

楽天カード支払いの積立メリット

さっそくですが、つみたてNISAの投資信託積立を楽天カード払いにするメリットを解説していきますね。

積立NISA×楽天カードのメリット
  1. 投資信託を楽天カードで積立すると1%ポイント還元
  2. タイミングを気にせず決まった日に買い付けできる
  3. 引き落としを遅らせる「後払い」にできる

それぞれ順に見ていきましょう。

メリット①:投資信託の楽天カード積立で1%ポイント還元

フリーマン
フリーマン
約2,600以上の投資信託が対象になるよ!

楽天証券では積立投資ができる約2,600銘柄以上の投資信託があり、そのうち約150銘柄がつみたてNISA対象商品。

これらすべての銘柄で、楽天カード決済による積立を行うことができます。

ここで楽天カードの決済額に応じて、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが付与されます。

 

つまり、楽天カードで毎月積立すると1%の還元が受けられるということですね。

基本的に買い付けした投資信託を保有しているときは、「信託報酬」という手数料が発生します。

信託報酬について

投資信託を保有している間は、運用・管理費として投資家がずっと支払い続ける手数料のことです。

一般的には「年率1%前後」の信託報酬がかかります。

つみたてNISAで扱っている投資信託は、金融庁が厳選している信託報酬の低コスト商品が多く、年率1%未満で運用できる銘柄が中心です。

なので、楽天ポイントが毎月1%還元されるということは、実質的な手数料を無料にすることができますね。

特につみたてNISAは最長20年にわたる長期投資になるので、運用コストを削減できるのは大きなメリットと言えます。

メリット②:毎月決まった日に買い付けできる

フリーマン
フリーマン
楽天カード決済は毎月1日に積立されるよ!

投資信託を買い付けするタイミングがわからない…という方もいますよね。

ですが、つみたてNISAの楽天カード積立であれば、買い付け日は「毎月1日」のみが指定されています。

1日が休業日の場合は、翌営業日に投信積立の買い付けが行われます。

 

また、もともと楽天証券のつみたてNISAは「100円~毎日積立」で運用できますが、一度にまとめて購入したい方には楽天カード払いがおすすめですね。

実際に買い付けされたかどうかの確認や管理もラクになります。

メリット③:引き落としを遅らせる「後払い」が可能

フリーマン
フリーマン
積立後に支払いできる仕組みだよ!

一般的にはつみたてNISAなどで投資信託を積立する場合、「買い付けする前」にお金が銀行引き落としされます。

「銀行引き落とし」⇒「楽天証券で買い付け」の順になりますね。

ですが、楽天カード払いにすると「楽天証券で買い付け」⇒「銀行引き落とし」にすることができます。

 

投資信託の買い付け日は1日ですが、実際にお金が引き落としされるのは「毎月27日」です。

27日が休業日の場合は、翌営業日に引き落としが行われます。

つまり、1日時点で積立金がなくても買い付けできるメリットがありますね。

 

月の中旬ごろにならないと給料が振り込まれない…という方も多いかと思います。

そういった状況でも一切の利息なしで、先に投資信託を買い付けてくれるのはありがたいところ。

さらに楽天スーパーポイント1%還元という特典付きですし、これを利用しない手はないですよね。

つみたてNISAを楽天カード払いで積立するデメリット

楽天カード支払いの積立デメリット

つみたてNISAは楽天証券の楽天カード払いで積立することで、ポイント優遇や後払いにできるメリットがあります。

ですがメリットばかりではなく、マイナス要素となるデメリットも存在します。

積立NISA×楽天カードのデメリット
  1. 楽天カードは毎日積立の設定ができない
  2. 楽天カードの積立は毎月上限額が決まっている
  3. 楽天カードの積立ポイント獲得上限が低い

こちらもそれぞれ見ていきましょう。

デメリット①:楽天カードは毎日積立の設定ができない

フリーマン
フリーマン
買い付け回数を増やすリスク分散ができないよ。

楽天証券口座の引き落とし設定であれば、つみたてNISAの買い付けを「毎日」にすることができます。

買い付けする投資信託の価格は常に変動しているので、できるだけ購入するタイミングをずらした方がリスク分散に効果的です。

ちなみに、つみたてNISAではノーロード(購入手数料無料)の銘柄なので、購入回数を増やしても手数料で損をすることはありません。

 

対して楽天カードの積立では、買い付けが「毎月1日」に指定されているので、一度にまとめて購入することになります。

もし仮に買い付けするタイミングで高騰してしまったら、「高値掴み」になる可能性も考えられます。

2日になったときに、大きく価格が下落することもありますからね…

 

とはいえ、狙いすましたかのように高騰や下落する、なんてことは早々ありません。

個人的にはリスク分散ができる「毎日積立」が望ましいですが、そこまで気にならない方は「毎月積立」でも問題ないでしょう。

デメリット②:楽天カードの積立は毎月上限額が決まっている

フリーマン
フリーマン
無制限に積立額を増やすことはできないよ。

楽天カードによる投信積立の上限額は、毎月50,000円までと決められています。

ですが、つみたてNISAで楽天カード払いにすると、毎月33,333円までしか積立できなくなります。

つみたてNISAは「年間投資枠が40万円まで」と定められているので、それを月単位で割ると最大33,333円。

 

つまり、この金額以上は積立することができないので注意が必要ですね。

つみたてNISAの年間40万円までというのは、楽天カード支払い以外でも同様になります。

楽天証券の特定口座や一般口座で投資信託を積立するなら、毎月50,000円まで楽天カード決済が利用できます。

デメリット③:楽天カードの積立ポイント獲得上限が低い

フリーマン
フリーマン
つみたてNISAは獲得数が少ないよ。

つみたてNISAは先にご紹介したように、1月~12月まで毎月33,333円の積立を行うことができます。

楽天カード決済によるポイント付与は「100円につき1ポイント」なので、毎月333ポイントが貯まっていきます。

これを年間で考えると3,996ポイント。

 

ですが、例えば楽天証券の特定口座で投信積立をするなら、「毎月50,000円=500ポイント」です。

これを年間で考えると6,000ポイントになるので、約2,000ポイントの差が生まれますね。

ただ、一般の投信積立は「運用益ー税金約20%」ですが、つみたてNISAは「運用益ー税金0%(非課税)」なのでポイント以上のメリットがあると言えます。

つみたてNISAの買付本数によっては毎日積立の方がお得

ここまでで「楽天証券×楽天カード」の組み合わせで、つみたてNISAの買い付けを行うと楽天スーパーポイントが貯まってお得!とご紹介しました。

ですが実は、「楽天証券×楽天銀行」で毎日積立の設定を行うと、買い付けする投資信託1銘柄ごとに3ポイント獲得できる方法もあります。

楽天ポイントの獲得数が写った画像

これは楽天銀行の「ハッピープログラム」という会員優遇制度を利用したものですが、投資信託の本数が多くなるほど獲得できる楽天ポイントが増えます。

ただ、ポイント付与の条件として「1日最大15件まで」、毎日積立の自動引き落としが実行されるのは「平日のみ」です。

フリーマン
フリーマン
詳しくは以下の記事でも解説しているよ!

楽天カード決済と毎日積立で月間ポイント獲得数を比較

楽天カード決済では、毎月獲得できる楽天ポイントの上限は、

  • 一般の投信積立:月500ポイントまで
  • つみたてNISA:月333ポイントまで

このようになっています。

楽天カードの場合は積立金額に応じてポイント付与になるので、投資信託の銘柄を増やしても獲得数は変わりません。

対して楽天銀行でつみたてNISAの毎日積立の引き落としを行った場合は、

  • 投資信託1銘柄:月69ポイント
  • 投資信託2銘柄:月138ポイント
  • 投資信託3銘柄:月207ポイント
  • 投資信託4銘柄:月276ポイント
  • 投資信託5銘柄:月345ポイント

このように、銘柄数に応じて毎月貰えるポイント数が変化します。

ぱんけろん
ぱんけろん
つみたてNISAなら5銘柄以上でお得になるね!

つみたてNISAの投資信託は100円から1銘柄ごとに買い付けできるので、「100円×5銘柄=500円」の積立で毎日15ポイント獲得できます。

楽天カードなしでも、「楽天証券」×「楽天銀行」の毎日積立で楽天スーパーポイントを貯めることもできるので、自分に適したスタイルを選んで下さいね。

「どの投資信託を買ったらいいかわからない…」という方は、以下の記事も参考になるかと思います。

楽天カードの引き落とし口座は楽天銀行がおすすめ

楽天銀行のページ

楽天カード」を利用して、つみたてNISAや通常の投信積立を行う場合は、「楽天銀行」を引き落とし口座にしていると楽天ポイントが貯まります。

楽天カード決済で積立を行うと、先ほどの毎日積立のようなポイント獲得はできません。

ですが、楽天銀行のハッピープログラムによって、楽天カードの引き落とし1件で3ポイントを貯めることもできます。

 

大したポイント数ではありませんが、塵も積もれば…という言葉もあるくらいですし、しっかり活用しておくとよりお得になりますね。

それから実は、楽天証券と楽天銀行を「マネーブリッジ」設定すると、投資信託の保有残高10万円ごとに毎月ポイントが貰えるようになります。

マネーブリッジが設定済みだと、楽天銀行の普通預金金利0.02%⇒0.10%にアップするので、余った預金を預けておく口座としても非常におすすめ。

 

また、口座残高や取引件数が増えると「他行振込最大3回/月」「ATM手数料最大7回/月」が無料になります。

楽天銀行の口座は持っておくと便利ですし、使い勝手も申し分ありません。

フリーマン
フリーマン
ちなみに、楽天証券から申し込むと同時開設できるよ!

一応楽天カード支払口座からでも引き落としできるが・・・

楽天カード決済で銀行引き落としする以外に、楽天カード支払口座から設定することもできます。

この方法は楽天証券で以前から使えましたが、結論から言えばまったく利用するメリットがありません。

楽天カード支払口座
楽天ポイント付与×
毎月の積立上限額上限なし
最低買付額1,000円
買付日毎月12日
引落日毎月27日
(積立前に引落)

毎月の上限はありませんが、そもそも楽天ポイントが貰えない時点で選択肢から外れますね…

積立に関しても「前払い」ですし、楽天カードのクレジット決済の魅力を生かせません。

なので、「楽天銀行」から引き落としを行うことをおすすめします。

楽天証券のつみたてNISAはポイント積立もできる

ポイント積立可能!と書かれたイラスト

今までに貯めてきた楽天スーパーポイントは、楽天証券の投資信託の買い付けに利用することもできます。

現金の代わりとして「1ポイント=1円」から使うことが可能。

楽天ポイントのみで購入する場合は「100円以上1円単位」になります。

 

つみたてNISAにも対応していますし、楽天カード決済・毎日積立でもポイントで買い付けできます。

つまり、投資信託の積立で毎月貯まったポイントを、そのまま積立投資に回すこともできるということですね。

これならポイントをムダにすることもないので、最大限フル活用できるのが嬉しいところでもあります。

つみたてNISA×楽天カードのメリット・デメリットまとめ

楽天カードで積立するポイント
  • 積立は毎月5万円まで(つみたてNISAは33,333円まで)
  • 積立金額に応じて毎月楽天ポイント1%還元
  • 買い付けは1日/引き落としは27日
  • 引落口座を楽天銀行にするとポイントがより貯まる
  • 貯まったポイントを使って積立できる
ぱんけろん
ぱんけろん
楽天カードを活用した方がお得だね!
フリーマン
フリーマン
ポイントを貯めて積立に回していこう。

つみたてNISAの投資信託を購入するなら、楽天証券の「楽天カード払い」を利用した方がポイント分お得になります。

楽天カード払いの積立投資はつみたてNISAに限らず、特定口座や一般口座でも利用することができます。

毎月貰える楽天ポイントによって信託報酬コストを補うことができますし、ポイント積立で現金にも余力が生まれます。

 

つみたてNISAは長期的に投資を続けていくことになるので、積立投資でポイントが貯まる・使えることは非常に魅力的なメリット。

運用コストを可能な限り抑えて、できるだけ現金を残していくためには、楽天証券のようなポイント優遇が欠かせません。

私自身も「楽天証券×楽天カード×楽天銀行」はすべて利用しているので、まだ使っていないサービスがある方は、上手く併用して最大限に活用していきましょう!

▼こちらも合わせてどうぞ▼

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
自分が働くのではなく、お金に働いてもらう未来を目指すための方法を勉強中。 学んだことをここで発信していこうと思い立ち、ブログを立ち上げました。