ウェルスナビでお得なキャンペーン実施中!
ロボアドバイザー

楽ラップの積立は手数料が安い?メリット・デメリットもわかりやすく解説

楽ラップのメリット・デメリット

フリーマン
フリーマン
こんにちは、お金を日々運用して育成を進めているフリーマンです。

大手の楽天証券が提供しているロボアドバイザーが「楽ラップ」になります。

楽ラップではユーザーのニーズに合わせて手数料が選べたり、下落ショックを軽減できる機能があったりと、メリットが多くて初心者にもおすすめのサービスです。

投資一任型になるので、積立投資もすべて任せられるから投資経験がなくても安心ですね。

ぱんけろん
ぱんけろん
楽ラップについてもっと詳しく教えて!

それでは実際に楽ラップの手数料についてや、利用していく上でのメリット・デメリットをわかりやすく解説していこうと思います。

楽ラップとはどんなロボアドバイザー?

楽ラップの特徴

フリーマン
フリーマン
まず楽ラップの簡単な特徴から紹介するよ!

楽ラップは誰もが知っている楽天が運営している楽天証券で提供されているロボアドバイザーで、簡単な質問に答えるだけで最適な投資が行えるサービスです。

楽ラップ
初期投資額10万円~
積立可能額/月1万円~
手数料0.99%
口座種別特定口座あり
スマホアプリなし
フリーマン
フリーマン
楽ラップを利用するには、楽天証券の総合口座が必要になるよ!

この楽ラップはSBI証券やマネックス証券など、名だたる大手証券会社の中で楽天証券が業界初となる「投資一任型」サービスとして提供が開始されています。

投資一任型とは

運用プランの提案から投資商品の買い付け、調整などの管理も全て自動化できるサービスのこと。

ロボアドバイザーの中には、運用プランの提案までを行う「アドバイス型」サービスもあります。

投資一任型の楽ラップは金融の難しい知識を必要としないので、投資初心者でも自分に合ったスタイルでプロ並みの運用ができるのが魅力ですね。

ロボアドバイザーの中で人気の高い「ウェルスナビ」や「THEO(テオ)」も同じ投資一任型になっています。

また、楽ラップの投資対象は日本の投資信託になるので、円建てでの運用がメインになります。

楽ラップは2種類選べる手数料コースがある

選べる手数料のタイプ

フリーマン
フリーマン
楽ラップには手数料コースが2つ用意されているよ!

楽ラップの手数料は以下の2種類から選択することができます。

固定報酬型

ラップサービスの運営・管理費用として、資産残高に応じた固定報酬が発生する手数料タイプ。

手数料(最大年率)
0.702%+ファンド費用0.288%

成功報酬併用型

ラップサービスの運営・管理費用として、資産残高に応じた固定報酬にプラスして、運用成果に応じて成功報酬が発生する手数料タイプ。

手数料(最大年率)
0.594%+ファンド費用0.288%+成功報酬5.4%

ぱんけろん
ぱんけろん
これって、どっちで運用すれば手数料が安くなるの?

その答えは、年間で約2%を超える運用成果(利益)が得られれば、固定報酬型で運用した方が手数料が安くなるようです。

ラップサービスにかかる費用の変化

成功報酬併用型はその逆の場合、つまり約2%未満の利益か運用で損失が出ているときには、固定報酬型よりも手数料が安くなるということですね。

状況に合わせて手数料コースを選べるのは嬉しいところですが、未来の相場の変化を予測するのはまず無理なので固定報酬型を選ぶ方が無難でしょう。

▼詳細内容を確認してみる▼

楽ラップの公式ページ

楽ラップのメリット

フリーマン
フリーマン
ここから楽ラップのメリットを1つ1つ解説していくよ!

メリット①:投資に全く手間がかからない

全自動で運用

フリーマン
フリーマン
楽ラップは投資一任型だから、投資に面倒な手間はかからないよ!

楽ラップで資産運用を行うことで、面倒に感じることや不安や心配をまとめて解消してくれます。

  • パソコンやスマホですべて完結
  • 簡単な質問に答えるだけで最適な運用プランを提案
  • 低コストな投資商品を自動で買い付け
  • 世界中の市場変化を自動で調査・分析
  • 資産配分の自動メンテナンス

これらをまとめて楽ラップがこなしてくれるので、難しいことを考えたり色々な手続きを挟む必要もありません。

投資と言えば金融関係の知識が必要なイメージがある中で、楽ラップのようなロボアドバイザーが利用できるのは投資初心者にとって非常にありがたいですよね。

メリット②:手数料は1%未満と安い

手数料は1%以下

フリーマン
フリーマン
楽ラップはロボアドバイザーの中でも低コストな手数料を実現しているよ!

ウェルスナビやTHEOなどは基本的に年率1%ほどの手数料がかかりますが、楽ラップは最大0.99%とわずかながら勝っています。

ロボアドバイザーの手数料について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にして頂ければと思います。

あわせて読みたい
ロボアドバイザーの手数料を徹底比較
【徹底比較】ロボアドバイザーの手数料は高い?損をしない運用先を紹介 ロボアドバイザーを利用することを考えている方の中には、手数料が安いか高いかを意識されている方も多いかと思います。 投資...

例えば100万円を運用する場合は手数料1%で年間1万円がかかりますが、楽ラップなら9,900円と100円分お得になるイメージですね。

ロボアドバイザーの資産運用は基本的に長期投資を目指すことになるので、0.01%の差であってもバカにはできません。

 

ただ、楽ラップでは0.99%の手数料の他に「信託財産留保額」という、投資信託を売却するときに必要な解約手数料(最大0.3%)が発生します。

フリーマン
フリーマン
ここは見落としがちだから注意しておこう。

それから50万円以上の投資ができる場合は、ウェルスナビの長期割サービスで最大0.90%まで手数料を安くできるので、こちらも頭に入れておきましょう。

あわせて読みたい
ウェルスナビの評判・メリット・デメリット
ウェルスナビの特徴とは?評判・メリット・デメリットをわかりやすく解説! 「ウェルスナビ(WealthNavi)」は、投資の知識なしでも低リスクで資産運用ができるロボアドバイザーです。 ウェル...

メリット③:確定申告は必要ない

確定申告をする必要はない

フリーマン
フリーマン
楽ラップなら確定申告は必要ないよ!

楽ラップは楽天証券の口座を持っている人が利用できるサービスですが、運用口座を「一般口座」か「特定口座」か選ぶことができます。

そこで「特定口座(源泉徴収あり)」を選択すると、楽ラップで発生した運用益などの確定申告が不要になります。

特定口座(源泉徴収あり)では、証券会社が自分の代わりに損益などを計算して申告を行ってくれる為、自分で申告をする必要がありません。

ぱんけろん
ぱんけろん
これなら書類を作成したりする手間もないね。

確定申告の方法がイマイチよくわからない方も多いと思いますし、証券会社側が代行してくれるのはとてもありがたいですよね。

メリット④:下落ショック軽減機能がある

楽ラップのTVT機能

フリーマン
フリーマン
これは他にはない楽ラップ特有の機能になるよ!

楽ラップには下落ショックを軽減できる「TVT機能」が備わっています。

ぱんけろん
ぱんけろん
ん?てぃーぶいてぃー?

TVT機能とは株式市場の価格変動リスクが高まった際に、株式への投資割合を減らして債券の投資割合を高める機能のこと。

つまり、楽ラップでは急激な下落に対する資産の損失を緩和できるということですね。

TVT機能のありなしの変化

これなら急激な市場変化が起こっても、最低限のリスクで大幅な損失を回避することができます。

TVT機能は他のロボアドバイザーにはない機能なので、楽ラップだけの大きな魅力となっています。

メリット⑤:楽天特有のポイント制度がある

楽ラップのポイント制度

フリーマン
フリーマン
楽天はやっぱりポイントが貯まりやすい!

楽天利用者なら、ほとんどの方がポイントを活用していると言っても過言ではないかもしれません。

それほど「楽天=ポイント」のイメージが強いんじゃないかと思います。

他のサービスでもポイント獲得のキャンペーンなどは行われていますが、楽ラップは楽天のサービスというだけあってボーナスポイントが凄いですね。

また、楽天証券では業界初となる「投資信託ポイント買付サービス」も開始されています。

楽天の投資信託ポイント買付サービス

貯まった楽天スーパーポイントや楽天証券ポイントで、ほぼ全ての取扱投資信託を買うことができる嬉しい特典になっています。

100円からでも購入できる投資信託もあるので、楽ラップで運用しながらポイントで気になった投資商品を気軽に買うこともできますね。

楽ラップのデメリット

フリーマン
フリーマン
続いて楽ラップのデメリットを紹介していくよ!

デメリット①:運用時の元本割れリスクがある

運用による元本割れ

フリーマン
フリーマン
楽ラップは投資の一種だから、元本割れになる場合もあるよ。

これは楽ラップに限らず他のロボアドバイザーや、投資に関わるものも同様に損失が出てしまうリスクはあります。

楽ラップが最適な運用を行ってくれたり、下落ショック軽減機能や分散投資などでリスクを軽減していますが、プラスが維持できるとは限りません。

なので投資は基本的に余剰資金内で行うのが理想的ですね。

悲観的な相場が続くと、損失が出てしまう可能性もあることを理解しておきましょう。

デメリット②:投資を始めるには10万円が必要

10万円と書かれたイラスト

フリーマン
フリーマン
楽ラップを利用するには最低10万円が必要になるよ。

これはウェルスナビと同様ですが、楽ラップで運用を開始するためには最低でも10万円を用意する必要があります。

100万円などのまとまった金額が必要な投資方法と比べればかなりハードルは低いですが、ロボアドバイザーの中にはもっと少額の資金でスタートできるところもあります。

 

例えば人気の高い「THEO」なら1万円からでも投資を始められますね。

ただ、毎月の積立に関しては1万円から可能になっているので、最初のハードルをクリアできればあとはコツコツ少額からでも投資ができます。

今すぐには10万円の余剰資金を用意できない!という方は、THEOを利用することも検討しておくといいですね。

あわせて読みたい
ロボアドバイザーのTHEOのメリット・デメリット
THEO(テオ)のメリット・デメリット!1万円から気軽に自動運用できる 自動で資産運用ができるロボアドバイザーとして、「THEO(テオ)」の人気が高まってきています。 THEOは取り扱ってい...

デメリット③:便利なスマホアプリがない

スマホアプリがない

フリーマン
フリーマン
楽ラップではスマホアプリが使えないよ。

楽ラップではスマホアプリがないので、資産状況などを気軽にチェックすることができません。

ロボアドバイザーではスマホアプリに対応しているところがまだ少ないですね。

 

現状で便利なスマホアプリが提供されているのはウェルスナビですが、非常に使いやすいシンプル設計で初心者の方でも感覚的に使いこなせるようになっています。

今後楽ラップがアプリに対応するかはわかりませんが、スマホですぐにチェックしたい!という方はウェルスナビがおすすめですね。

あわせて読みたい
ウェルスナビのスマホアプリ!使い方や見方を徹底解説
ウェルスナビはスマホアプリがおすすめ!使い方や見方を徹底解説します ウェルスナビ(WealthNavi)は人気No.1のロボアドバイザーとして有名ですが、スマホアプリが非常に使いやすい仕様にな...

デメリット④:税金最適化サービスがない

税金負担の軽減機能

フリーマン
フリーマン
これはウェルスナビにしかないんだ。

税金最適化サービスとは、運用時に発生した税負担を自動的に軽減して最適化してくれるサービスのこと。

税負担を軽くすることで利益率を伸ばすことができる為、このサービスがあるとないとでは投資効率も変わってきます。

これに関してはウェルスナビにしかない大きな魅力となっています。

ただ、楽ラップには下落ショック軽減のTVT機能があるので、税金リスク軽減か損失リスク軽減かという考え方になるかもしれませんね。

デメリット⑤:運用口座への入金が必要

積立金を証券口座に入金

フリーマン
フリーマン
運用には入金する手間がかかってしまう。

楽ラップは楽天証券の総合口座を通して投資が行われるので、積立投資を進める場合は証券口座に積立金を入金しないといけません。

ただし、楽天銀行を利用されている方なら「マネーブリッジ自動入出金」を設定することで、銀行口座から毎月自動引き落としを行うことは可能です。

 

証券口座への入金は少し面倒に感じてしまう部分かと思うので、手間が1つ増えるという意味でデメリットになりますね。

自分の利用している銀行口座から直接引き落ししたい!という方は、ウェルスナビやTHEOのロボアドバイザーを利用するのがおすすめです。

楽ラップはこんな人に向いています

フリーマン
フリーマン
楽ラップの運用が向いている人を考えてみたよ!
  • 信頼できるロボアドバイザーを使いたい
  • 10万円以上に資金が銀行に眠っている
  • 投資に関する運用をすべて任せたい
  • 日本の投資信託を中心に運用したい
  • 楽天ポイントをたくさん貯めていきたい
  • 楽天銀行を普段から利用している

ロボアドバイザーはウェルスナビやTHEOが人気ですが、楽ラップも注目されているサービスですし、特に楽天ユーザーの方にはメリットも大きいでしょう。

これから初めてロボアドバイザーを利用する初心者の方は、個人的に使いやすいウェルスナビから始めるのがおすすめですね。

 

少額からスタートするならTHEOになりますが、2つ3つと併用して利用することを考えている場合は、楽ラップも考慮していくのがいいかと思います。

ぱんけろん
ぱんけろん
どのロボアドがいいかわかってきたよ!

楽ラップを始めるには

楽ラップで運用を開始するまでの実際の流れはこんな感じです。

  1. 簡単な無料診断(最短2分)
  2. ネットから口座開設(最短5分)
  3. 口座開設完了(最短3営業日)
  4. 必要資金を口座に入金
  5. 資産運用がスタート

無料診断は16項目の質問に回答していき、その内容に応じた運用コースをすぐに確認することができます。

診断後の運用コース

こんな感じで積極度に合わせて運用の方針も細かく記載されています。

ぱんけろん
ぱんけろん
「慎重だけど、攻めの姿勢も忘れない」って性格診断みたい。
フリーマン
フリーマン
たしかに。そして当たってる!

そのまま下にスクロールしていくと、ポートフォリオ(投資商品の組み合わせ)も表示されています。

診断後のポートフォリオ

この内容に納得がいかない場合は何度でも再診断が可能です。

また、「運用コース/積立・運用金額の設定・変更」から、積立やTVT機能の有無などを任意で調整することもできます。

楽ラップはまず楽天証券の口座開設が必要ですが、すでに楽天会員の方であればスムーズに登録できるかと思いますよ。

楽ラップの手数料やメリット・デメリットまとめ

ぱんけろん
ぱんけろん
楽ラップがどんなロボアドなのかがわかった!
フリーマン
フリーマン
信頼の厚い楽天証券だから楽ラップを安心して使えるね。

これまでの内容を改めてまとめておくと、

楽ラップのメリット・デメリット
  • 投資に全く手間がかからない
  • 手数料は1%未満と安い
  • 確定申告は必要ない
  • 下落ショック軽減機能がある
  • 楽天特有のポイント制度がある
  • 運用時の元本割れリスクがある
  • 投資を始めるには10万円が必要
  • 便利なスマホアプリがない
  • 税金最適化サービスがない
  • 運用口座への入金が必要

楽ラップは投資初心者でも利用しやすいサービスで、お得なポイントキャンペーンも開催されているので、楽天利用者には特におすすめできるロボアドバイザーです。

手数料コースを選べたり下落ショックが軽減できるTVT機能があったりと、楽ラップならではのメリットもあります。

興味を持たれた方は、ぜひ無料診断から試されてみて下さいね。

\まずは無料診断から/

楽ラップの公式ページ

▼ロボアドバイザーの比較記事も見てみる▼

あわせて読みたい
ロボアドバイザー10社で徹底比較!
ロボアドバイザー10社で徹底比較!おすすめの積立先を厳選して紹介! ロボアドバイザーのウェルスナで5月からCMがスタートして、これからますます資産運用の自動化システムが認知されるようになってい...

▼ロボアドバイザーのリスクも知っておこう▼

あわせて読みたい
ロボアドバイザーのリスク・デメリットとは?
ロボアドバイザーのリスク・デメリットとは?失敗しない為の向き合い方 ロボアドバイザーに興味を持っているけど、リスクやデメリットはないのか不安に感じている方は多いかもしれません。 AI(人...
ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
自分が働くのではなく、お金に働いてもらう未来を目指すための方法を勉強中。 学んだことをここで発信していこうと思い立ち、ブログを立ち上げました。