ウェルスナビでお得なキャンペーン実施中!
ソーシャルレンディング

【図解】クラウドバンクの登録・口座開設方法をイチからわかるように解説!

クラウドバンクの口座開設方法

フリーマン
フリーマン
こんにちは、資産運用を実践中のフリーマンです。

クラウドバンク」は日本クラウド証券が運営を行っている融資型のソーシャルレンディングです。

証券会社が運営するクラウドバンクは、一種業者として厳しい法規制を順守している為、一般的なソーシャルレンディング提供会社より信頼できるサービスと言えます。

20代~40代を中心に人気があり、1万円からの少額投資ができるのも魅力ですね。

ちなみにクラウドバンクの口座開設・販売手数料は無料ですよ。

ぱんけろん
ぱんけろん
でもどうやって始めたらいいの?

クラウドバンクの登録・口座開設方法がわからない方も、中にはいるんじゃないかと思います。

そこで今回は、画像付きで口座開設手順をイチからわかりやすく解説していきますね。

クラウドバンクの登録・口座開設の流れ

まずクラウドバンクの口座開設の全体的な流れを確認しておきましょう。

口座開設の流れ
  1. クラウドバンクのページにアクセス
  2. 基本情報の入力(7項目)
  3. 氏名・住所・出金先口座等の入力(28項目)
  4. 重要事項の確認及び同意
  5. 本人確認書類のアップロード
  6. マイナンバーの登録

入力が必要な項目はそこそこありますが、1つ1つが簡単な内容なので、マイナンバーの登録まで15分くらいでできるかと思います。

事前に用意しておくもの

クラウドバンクの口座開設に入る前に、以下のモノを事前に用意しておくと登録がスムーズです。

口座開設に必要なもの
  • メールアドレス
  • 銀行口座情報
  • 本人確認書類の画像ファイル
  • マイナンバーカードor通知カード

口座開設申し込み時に出金先口座情報を登録するので、本人名義の銀行口座情報を用意しておきましょう。

運転免許証や各種保険証の画像ファイルがあれば、アップロードで簡単に本人確認書類の提出を終わらせることができます。

マイナンバーも同様にアップロードで登録できますよ。

クラウドバンクの登録・口座開設手順

それではクラウドバンクの登録・口座開設手順を画像付きでご紹介していきます。

パソコン画面で進めていきますが、スマホからでも基本的な流れは同じですよ。

①:クラウドバンクのページへアクセス

まずはクラウドバンクの公式ページにアクセスしましょう。

▼公式ページはこちら▼

クラウドバンク

クラウドバンクの公式ページへ移動したら、黄色いボタンの『口座開設はこちら(無料)』をクリックします。

クラウドバンクの口座開設手順1

そうすると「お取引開始までの手順」が確認できますが、ここでは「各種書類等提示」までを行っていきます。

クラウドバンクの口座開設手順2

3は口座開設申し込み後の審査、4は審査完了後の通知発送になっていますね。

②:基本情報の入力

そのまま下にスクロールして、クラウドバンクの口座開設に必要な基本情報を入力していきます。

クラウドバンクの口座開設手順3

入力項目
  • メールアドレス
  • メールアドレス確認(再入力)
  • パスワード
  • パスワード確認(再入力)
  • 秘密の質問
  • その答え
  • メールマガジン登録

※「秘密の質問」「その答え」はパスワードを忘れた場合に必要な情報なので、忘れないよう保管しておきましょう。

すべて入力・選択できたら、「個人情報保護方針」「クラウドバンク利用規約」を確認して、問題なければチェックした後に『次へ』ボタンをクリックします。

クラウドバンクの口座開設手順4

続いて開設する口座の種類を「個人」か「法人」かを選択できるので、個人の方なら『個人で登録する』ボタンをクリックします。

クラウドバンクの口座開設手順5

③:氏名・住所・出金先口座等の入力

ここからは、氏名・住所・出金先口座・投資経験などの詳細な情報を入力していきます。

クラウドバンクの口座開設手順6

入力必須項目
  • 基本情報:16項目
  • 日本円出金先口座情報:5項目
  • 投資経験の入力:7項目

※米ドルでの出金を希望される場合は、「米ドル出金先口座情報」も入力して下さい。

ここで入力する氏名や口座名義は、あとで提出する本人確認書類と同一である必要があります。

入力必須項目は全28項目とやや多いですが、特に迷うような内容はないのですぐ入力できるかと思います。

④:重要事項の確認及び同意

そのまま下にスクロールすると、PDFの確認及び同意が求められるので、リンクをクリックして内容を確認してからチェックボックスにチェックします。

クラウドバンクの口座開設手順7

続いて「反社会的勢力について」「外国PEPsに関する誓約」も確認後にチェックを入れ、下部の『次へ』ボタンをクリックします。

そうすると入力内容の確認画面が表示されるので、間違いがないか確認して問題なければ下部の『送信する』ボタンをクリックしましょう。

クラウドバンクの口座開設手順8

これでクラウドバンクの口座開設に必要な入力は完了になります。

⑤:本人確認書類のアップロード

ここからは本人確認書類のアップロードになります。

ちなみにメール添付や郵送で書類提出することも可能ですが、口座開設に時間がかかってしまうのであまりおすすめはしません。

本人確認書類をアップロードする上での注意点を先に確認しておきましょう。

  • ファイル形式:JPG、JPEG、GIF、BMP、PNG
  • ファイルサイズ:1ファイルあたり6MB以内
  • 確認書類:発行後6ヶ月以内または有効期限内

※書類が複数枚に渡る場合、全てのページが必要となります。
※官公署が発行する書類は公印のあるページが必要となります。

以上の点を踏まえた上で本人確認書類として提出できるのは、

提出可能書類
  • 運転免許証
  • 印鑑登録証明書
  • 各種健康保険証
  • パスポ-ト
  • 住民票の写し
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(表面のみ)

※個人番号カードの裏面および通知カードは提出不可。
※マイナンバーはここでアップロードしないで下さい。

本人確認書類の準備ができたら、画像ファイルを選択して提出します。

クラウドバンクの口座開設手順9

裏面に記載がない書類に関しては表面だけの画像ファイルを選択、枠が足りない場合は追加することもできます。

確認書類を選択し終わったら、下部の『本人確認書類アップロード』ボタンをクリックします。

これで書類のアップロードは完了となります。

クラウドバンクの口座開設手順10

クラウドバンクでは、口座開設時にマイナンバーの登録が必要なので、最後に『マイナンバーを登録する』から作業を進めていきましょう。

⑥:マイナンバーの登録

マイナンバーの提出も本人確認書類と同様に、アップロードで提出することができます。

こちらも郵送での提出が可能ですが、口座開設に時間がかかるのでおすすめはしません。

マイナンバー提出可能書類
  • マイナンバーカード
  • 通知カード
  • 個人番号入りの住民票の写し

※ファイル形式は「JPG・JPEG・PNG」、ファイルサイズは8MB以内
※画像は氏名・生年月日・個人番号が記載されている必要あり

提出する書類が決まったら、まず「個人番号12桁」を入力して画像ファイルを選択し、下部の『登録する』ボタンをクリックします。

クラウドバンクの口座開設手順11

これでクラウドバンクの口座開設申し込み作業は以上になります。

クラウドバンクの口座開設手順12

マイナンバーを提出してから、2営業日以内にクラウドバンクの口座開設審査が完了するようですね。

また、登録メールアドレスに届いたメールには、

ご登録から審査完了通知がお手元に届くまで通常3〜4営業日程かかる予定です。

このように記載されているので、1週間も経たないうちにクラウドバンクで取引を開始できそうです。

クラウドバンクにログインしてみよう

クラウドバンクの口座開設申し込み後は、登録メールアドレスに送られてきている「お客様のID(ログインID)」とパスワードでログインできます。

クラウドバンクのログインID

さっそく「クラウドバンクのログインページ」へ移動して、ログインしてみましょう。

クラウドバンクのログイン画面

これから届く通知書に記載されている8桁の着荷証明番号を入力しないと、クラウドバンクで取引することはできませんが、「ファンド一覧」から投資案件の確認はできます。

クラウドバンクの投資案件

口座開設が完了したタイミングで募集案件に参加できるよう、先に案件を吟味しておくのがいいかもしれませんね。

クラウドバンクの着荷証明番号の入力

クラウドバンクの通知書

クラウドバンクの登録・口座開設申し込みから4日後に「着荷証明番号」が記載された通知書が届きました。

この時点でクラウドバンクにログインすると、「初めてログインされるお客様」という画面が表示されています。

クラウドバンクの証明番号

あとは8桁の着荷証明番号を入力して『スタート』ボタンをクリックすれば、クラウドバンクでの投資を開始できるようになります。

クラウドバンクへ入出金する方法

クラウドバンクで投資ができるようになったら、資金を口座へ入金する必要があります。

口座開設完了までに入金方法と出金方法も把握しておきましょう。

日本円を入金する手順

クラウドバンクへログイン後、「マイページ」⇒「投資状況」へ移動すると上部メニュー内に『入金』の項目があります。

クラウドバンクの入金方法1

そうするとクラウドバンクの振込先口座情報がポップアップされるので、そこの口座へ各金融機関から振り込みを行いましょう。

クラウドバンクの入金方法2

振込依頼人名義は、必ずクラウドバンクに登録した口座名義と同一である必要があります。

また、受取人口座名義が間違っていると入金処理が行われない場合があるので注意してください。

振込入金された資金に関しては、当日9時~15時までの着金であれば3時間以内にマイページへ反映されます。

15時以降の入金は、翌営業日の10時頃に反映されるので覚えておきましょう。

あとは好きな募集ファンドを選んで、1万円から1,000円単位で投資を始めていくだけですよ。

日本円を出金する手順

クラウドバンクの「マイページ」⇒「投資状況」⇒「出金」に進むと、出金申請の画面がポップアップします。

クラウドバンクの出金方法1

出金の手順
  1. 「日本円」を選択
  2. 出金する金額を入力
  3. 「次へ」をクリック

※最低出金額は原則1,000円からの1円単位になります。

当日15時までの出金であれば原則翌営業日、15時以降なら2営業日後に出金手続きが行われます。

クラウドバンクは出金手数料が無料なのでありがたいですね。

クラウドバンクで募集ファンドへ投資するには?

クラウドバンクの登録・口座開設後に、募集ファンドへ実際に投資する方法もご紹介しておきますね。

クラウドバンクの画面右上にある「ファンド一覧」⇒「募集中のファンド」へ進むと、募集ファンドが表示されているので、気になる案件をクリックすると詳細が見れます。

ファンドの詳細情報

「ファンド概要」から分配日や償還予定日などの情報を確認できるので、投資する前にチェックしておきましょう。

また、少し下にスクロールすると「投資収益シミュレーション」から、預入期間後の受取金額(税引き後)も確認できますよ。

投資するか決めたら『この商品に投資する』ボタンをクリックします。

そうすると「投資申請」の画面がポップアップするので、投資金額を決めてPDFの書面を確認後にチェックしたら、『投資申請確認』ボタンをクリックします。

ファンドの投資申請画面

あとは問題なければ『投資する』ボタンをクリックで完了になります。

なお、投資申請済みのファンドはマイページの「運用状況」に表示され、募集期間中であればキャンセルすることも可能です。

クラウドバンクの投資申請済みファンド

1万円からサクサク投資できるので、手軽で始めやすいですね。

クラウドバンクの登録・口座開設方法まとめ

ぱんけろん
ぱんけろん
クラウドバンクの口座開設ができたよ!
フリーマン
フリーマン
さっそく少額から投資してみよう。

クラウドバンク」は2018年5月に応募総額が300億円を突破し、クラウドファンディングでシェアNo.1を獲得している最も人気なサービス。

1万円からの小口投資ができますし、毎月分配金を受け取れるので投資するのが楽しくなりますね。

また、クラウドバンクは元本保全性を考慮したリスク管理を行っているので、比較的安心して運用を任せられます。

 

最初にファンド(案件)を選んだら後は基本放置でいいので、投資初心者の方でも手軽に運用できますよ。

口座開設申し込みは15分ほどあれば完了できますし、この機会にクラウドバンクへ登録して投資を始めていきましょう!

▼口座開設はこちら▼

クラウドバンク

▼こちらも合わせてどうぞ▼

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
自分が働くのではなく、お金に働いてもらう未来を目指すための方法を勉強中。 学んだことをここで発信していこうと思い立ち、ブログを立ち上げました。