仮想通貨

【仮想通貨のステーキング】2024年3月の不労所得は+481,281円「報酬の内訳も公開」

当ブログの記事内には広告が含まれています。

仮想通貨ステーキングの不労所得公開

仮想通貨(暗号資産)にはステーキングという仕組みがあり、ビットコインなどを預けることで報酬を得ることができます。

ブロックチェーンネットワークに参加する⇒対価として報酬を受け取る、という感じで「プロジェクトに参加してくれたお礼」ようなイメージですね。

2024年3月はステーキングでの不労所得は「+481,281円」でした。

 

わたしはビットコインやイーサリアムを買って保有するなら「運用しないと勿体ない!」と思い、ステーキングを始めることにしました。

仮想通貨のステーキングは始めるまでが少し面倒ですが、慣れてしまえば特に難しい作業をする手間もありません。

ステーキングによる報酬の内訳もまとめているので、興味がある人は参考にしてみて下さい。

 

仮想通貨のステーキングによる不労所得

仮想通貨ステーキング2024年3月の実績

2024年3月のステーキング報酬
  • BTC/ETH:+101,134円
  • BNB  :+150,829円
  • MCHC :+37,529円
  • USDT/C:+145,313円
  • OAS  :+38,357円
  • その他 :+8,118円

合計:+481,281円

※2024年3月末時点の評価額で算出しています

わたしは1種類の通貨だけでなく、ある程度分散して色々とステーキングしています。

利回りは通貨によって、預け先のプロジェクトや取引所によって日々変化するので、毎月似たような報酬が得られるわけではありません。

3月はビットコインの2か月ロックによる報酬や、ステーブルコインの利率が高かったので先月より良い結果になっています。

 

2024年1月~3月までのステーキング報酬

仮想通貨ステーキング2024年1月~3月の実績

2024年1月~3月の報酬
  • 2024年1月:404,458円
  • 2024年2月:408,680円
  • 2024年3月:481,281円

総利益:1,294,419円

※各月末時点の評価額で算出しています

仮想通貨の価格にも影響されるので、毎月得られるステーキング報酬に大きな差があります。

わたしは利回りが一定ではない通貨も預けているので浮き沈みも激しいですが、2024年1月~3月の不労所得は129万円になりました。

今のところ月40万円以上をキープできているので、不労所得としての運用自体はなかなか好調です。

 

ちなみに報酬の一部を除いて「複利運用」しているので、日本円で受け取っているわけではありません。

報酬として貰った仮想通貨の価格次第では、利益が増えることも減ることも考えられます。

ビットコインの半減期後、2025年10月頃が価格のピークになるかなと考えているので、それまでは複利運用を続けていくつもりです。

 

仮想通貨のステーキング先

わたしがメインで運用している仮想通貨のステーキングは以下になります。

【2024年4月時点】

  • CEX(取引所)でステーキング
  • DeFiでレンディング
  • マイクリ(BCG)で運用

レンディングは厳密に言うとステーキングとはちょっと違いますが、貸し出すか預けるかの違いなのでやることは基本的に同じですね。

それぞれまとめているので、気になる人は参考にどうぞ。

 

CEX(取引所)でステーキング

BybitのETH2.0流動性ステーキング

2024年2月から海外のCEX大手である「Bybit」でイーサリアムのステーキングを行っています。

これまではBitgetを利用して運用していましたが、Bybitではイーサリアムを担保として利用することができます。

年利最大7%で利息を受け取りつつ、預けたイーサリアムと1:1で取得できるstETHを必要に応じて活用できるので利便性も高いです。

 

BybitでもBitgetと同様にビットコイン・イーサリアムをはじめ、国内では取り扱っていない色々な通貨のステーキングができます。

ビットコインをBybitでステーキングする場合は以下のような利率になっています。

btcの利回り

2024年4月3日時点では、0.05BTC=5%から0.01BTC=4.5%に変更、また30日・60日の利率も少し下がっています。

こうした変更は割かし起こることなので、わたしの場合はBybitとBitgetを見比べて利率のいい方で運用する方針にしています。

まぁ他にも探せばもっと効率の良い運用先があるかもしれませんが...

 

実際にBybitステーキングの運用で受け取った報酬は毎日アカウントに直接入金されます。

BTC・ETHで受け取った利息

自動的に複利運用されるので手間もかからないのがありがたいですね。

 

BybitやBitgetは日本語対応のスマホアプリもあるので、外出先でも資産管理がしやすいです。

10万円程度のビットコインを運用するならBybitでステーキングするのが少しお得なので、興味がある方は↓から登録できるのでよければ利用されてみてください。

 

フリ
フリ
よければ招待コード「3144」を使ってね!

 

DeFiでレンディング

Venusのレンディング

DeFiとは

⇒Decentralized Financeの略で分散型金融と言われるもの。

ブロックチェーン技術を使って、中央集権的な管理者を必要とせず取引することができる金融システムです。

主に利用することが多いのは、BSC(Binance Smart Chain)というブロックチェーン上にあるDeFiになります。

BSCで利用されることが多いのは「Venus」で、仮想通貨を貸し出すことで金利が得られます。

Venusはレンディングサービスなので、貸し出すだけじゃなく借り入れすることも可能。

 

Venus Prime」という報酬システムもあり、1,000XVSを90日間ステーキングすると利率がブーストされます。

ブーストされる対象通貨はビットコインやイーサリアム、ステーブルコインのUSDT・USDCです。

わたしも600枚ほどXVSを預けているので、できればVenus Primeの恩恵を受けたいところですね。

 

VenusにはステーブルコインやBNBを預けて運用していることが多いです。

ステーブルコインの利率は大体4%~20%、BNBは0.1%~50%くらいで差が大きいです。

特にBNBはBinanceで新しい通貨が新規上場するタイミングで借りられるため、一時的に利率が大きく伸びます。

2023年は2、3回ほどこのタイミングを逃してしまったので、しっかり情報収集や利率の変化がないかチェックしておきたいですね。

 

また、エアドロップを目的として他のDeFiを使ったりすることもあります。

最近だと↓のあたりを触っています。

BSC上のDeFi

Solana上のDeFi

ただ一定のリスクがあるので、基本的にはメジャーなDeFiから小額で始めるのがいいかと思います。

フリ
フリ
エアドロを目的として、一時的にkinzaとかにBTCやETHを預けることもあるよ。

特に今年・来年あたりはエアドロ案件を積極的に取り組んでいく予定なので、運用先はその都度変更する可能性があります。

 

マイクリ(BCG)で運用

My Crypto Heroes

BCGとは

⇒BCGはブロックチェーンゲームの略で、NFTゲームとも呼ばれている。

ブロックチェーン技術を用いてNFTというデジタルアセットを使い、仮想通貨を稼ぐPlay to Earnが可能。

マイクリ(My Crypto Heroes)は、2023年11月に5周年を迎えた実績のある日本初のBCGです。

歴史上のヒーローNFTを使って素材を集めたり、大会でプレイヤー対戦(PvP)をすることができます。

仮想通貨のOASがランキング報酬として付与される大会もあり、ゲームで遊びながら稼ぐことが可能です。

 

わたしはマイクリ内の「GvG(ギルドvsギルド)」コンテンツでステーキングによる報酬をもらっています。

GvGコンテンツの報酬の仕組み

報酬をもらう流れ
  1. MCHCを保有orステーキングする
  2. 付与されるCpを消費する
  3. 獲得したCIをMCHCに交換する

仮想通貨のMCHCは、マイクリのガバナンストークンでゲーム内投票や売買で利用することができます。

CI(クリプトインゴット)は、マイクリ内の「幻獣大戦」というGvGコンテンツの報酬になっています。

幻獣大戦によるCIの報酬

CIには最大発行量が決められているので上限に達した場合は、他に何かしらのインセンティブ(OASなど)に変わるんじゃないかと思います。

Cp(クリプトニウム)はゲームプレイでも貰えますが、仮想通貨ウォレットの「MetaMask」でMCHCを保有しているだけでも獲得可能。

MCHCは今のところ以下の場所で取引できます。

CEX(中央集権型取引所)

DEX(分散型取引所)

2024年2月にBitgetにも上場したので、今までより取引しやすくなりました。

わたしがメインで使っている取引所の1つなのでこれはありがたい。

 

また、一定のリスクはありますがQuickSwapで「WETH-MCHC」、Tealswapで「OAS-MCHC」の流動性ステーキングができます。

oas-mchcの流動性プール

MCHCをただ保有するよりCpの獲得量が多く、流動性提供による手数料収入も貰えるので結構お得だったりします。

わたしはどちらにも入れていますが、特にOAS-MCHCは他と比べて利回りが良いので、それなりの資金を入れて運用しています。

 

MCHCは2024年4月3日時点で12円ほどの価格で推移しています。

まだ仮想通貨取引所にほとんど上場していないので、今後は国内をはじめとした取引所に展開していく可能性があると考えています。

 

MCHCやOASなどが取引できるBitgetを使ってみたい方は↓から登録すると永久的に取引手数料10%割引が受けられます。

お得に取引できるようになるので検討されてみてくださいね。

 

フリ
フリ
招待コード「h4zg」が入力されていることを確認してね

 

ステーキングを始めたい人向け

これから仮想通貨のステーキングを始めてみたい!と感じた人もいるでしょう。

単純にビットコインやイーサリアムを預けて不労所得を貰いたいだけなら結構簡単にできます。

BTC・ETHで不労所得を貰う方法
  1. 国内取引所でBTC・ETHを買う
  2. 国内取引所で貸し出す

例えば国内取引所の「Coincheck」や「bitbank」でビットコインを買う⇒一定期間ロックして利息を貰うだけです。

ちなみにbitbankの仮想通貨を貸して増やすサービスは、募集が終了していたり1年間ロックされたりと使い勝手が結構悪かったです。

最大年率5%なんですが預ける枚数が少ないと0.5%程度になったりしますし...

 

CoincheckはBTC・ETHの30日間ロックの年率2%までしか空きがない状態だったので、ETHステーキングなら「Bybit」の年率最大7%で運用できます。

まずはビットコインだけステーキングしてみたい!という人はCoincheckで運用してもいいですが、利回りが高いところは人気でなかなか空きがないです。

Bybitだと0.01BTCまでは4.5%で運用できるので少しお得ですし、いつでも払い戻し可能です。

Bybitは新規入会特典なども充実しているので、ビットコインを運用するなら検討されてみてください。

 

フリ
フリ
よければ招待コード「3144」を使ってね!

 

ビットコインの買い方がわからない...という人向けに↓で解説しているのでこちらも参考にどうぞ。

ビットコインを購入する方法
【ビットコインを購入する方法】取引所・販売所の買い方をわかりやすく解説 ビットコインのチャートを見ると、前回の最高値に近い水準まで価格が上がってきています。 ここ最近の上昇やビットコインETFの承認...

 

DeFi・BCGでステーキングするには

VenusのようなDeFiだったりマイクリのようなBCGでステーキングして、仮想通貨の不労所得を貰いたい人は少しハードルが上がります。

DeFi・BCGで不労所得を貰う方法
  1. 国内取引所でETHを買う
  2. MetaMaskに送金する
  3. 対応チェーンにブリッジする
  4. 預けたい通貨にスワップする
  5. DeFi・DEX等にステーキングする

※チェーンごとに必要な手数料
⇒ETH:ETH
⇒BSC:BNB
⇒Polygon:MATIC
⇒Oasys:OAS

国内取引所のbitbankなら、上記にある4つのチェーンに対応した仮想通貨を購入することができます。

MetaMask」は仮想通貨ウォレット⇒財布の役割りになるものです。

このMetaMaskを使って取引する際に各チェーンごとの通貨が手数料として使用されるため、事前に用意しておく必要があります。

 

また、国内の仮想通貨取引所では異なるチェーンに送金ができません。

ETHを直接BSCに送金するとかはできないので、これが結構手間がかかって面倒なんですよね。

MetaMaskにはブリッジ・スワップ機能が搭載されているので、ウォレット内である程度完結することはできますが...

 

他にもMetaMaskは最初ETHチェーンしか表示されないので、必要に応じて「Chainlist」などでチェーンを追加する手間もあります。

色々ありすぎて面倒だなぁ...と感じる人は、とりあえずBybitのステーキングから始めてみるのがいいかと思いますよ。

 

フリ
フリ
よければ招待コード「3144」を使ってくれると嬉しい!

 

ステーキングは難しいという人向け

ビットバンクの積立実績2024年3月

↑はbitbankで積み立てしているビットコインとイーサリアムの積立額(元本)と評価額の推移になっています。

積み立て運用実績
  • 積立期間:2021年1月~2024年3月
  • 積立金額:BTC⇒月2万円/ETH⇒月1万円
  • BTC:積立額97.9万円/評価額247.4万円/損益+149.5万円
  • ETH:積立額45.9万円/評価額101万円/損益+55.1万円

総積立額⇒143.8万円
総評価額⇒348.4万円
総損益 ⇒+204.6万円

ステーキングではなく仮想通貨を積み立てるという選択肢もあります。

わたしはbitbankとCoincheckで月3万円ずつ積み立てしています。

ステーキングとは違って国内の仮想通貨取引所だけで完結するので、投資に不慣れな人でも始めやすいです。

 

仮想通貨の積み立て運用実績
【仮想通貨の積立】運用38か月目で+2,055,609円「ビットコイン・イーサリアム」 仮想通貨(暗号資産)の積み立てを2021年1月に始めてから38か月が経過しました。 やることはビットコインとイーサリアムを積み...

 

フリ
フリ
コインチェックなら自動で手間もかからないよ!
coincheckつみたての始め方
【ビットコインを自動で積立】Coincheckつみたてのやり方・始め方を解説 ビットコインは2020年5月に3回目の半減期を迎えて、2021年3月に価格が底値から10倍以上に上昇しました。 そしてビットコ...

 

先月のステーキングによる不労所得はこちら↓

仮想通貨ステーキングの不労所得公開
【仮想通貨のステーキング】2024年2月の不労所得は+408,680円「報酬の内訳も公開」 仮想通貨(暗号資産)にはステーキングという仕組みがあり、ビットコインなどを預けることで報酬を得ることができます。 ブロックチェ...

 

ABOUT ME
フリ
専業ブロガー兼投資家⇒今は資産運用に注力し、投資歴は5年になる。仮想通貨⇒DeFi・BCG・エアドロ案件など。BTC・ETHとNISAで積立中。自由であるために。to be free